雑誌
みんなひそかに悩んでいる「ちょっと尿漏れ」問題の最終解決法
〔PHOTO〕gettyimages

プライドがズタズタに

「2年前に脳出血をやってから、急に漏れるようになったんです。麻痺などの症状はリハビリで改善できたのですが、頻尿をコントロールできなくなり、『トイレに行きたいな』と思った瞬間にはもう漏れ出ている。オムツをつけざるをえなくなり、家族からもバカにされているようで情けなく、プライドがズタズタになりました」

こう語るのは、河北武典さん(仮名、64歳)。元々企業の役員を務めていただけあって気位も高く、尿漏れという不測の事態に直面した際の精神的なダメージは大きかったという。

男性は女性に比べて尿失禁の患者は少ない。だが、高齢化とともに確実にその数は増える。女性の尿失禁ほど一般的でないので、初めて漏れたときには状況が理解できず、人に相談することもなく、ひとり悩みを抱え込む男性も多いのだ。

尿漏れには様々な原因とタイプがある。河北さんが患っているのは切迫性尿失禁。最も多いタイプの尿漏れである。

突然尿意をもよおすことが特徴で、トイレに行く前に漏れ出てしまう。例えば冷水で手を洗っているだけで、急に尿意を覚えて漏れてしまうという具合だ。どちらかというと女性に多いが、男性でも高齢になればなるほど増える症状である。尿失禁に詳しい石井クリニックの石井泰憲院長が語る。

「切迫性尿失禁には過活動膀胱と、神経因性膀胱の二つがあります。

過活動膀胱は、尿意知覚が過敏になり、膀胱の伸びも悪くなって、尿をためることができなくなるものです。