雑誌
人には聞けない「男の急所」前立腺をどう守るか
〜肥大やがんが急増中

立つか立たぬか、ここで決まる
〔PHOTO〕gettyimages

精液の一部をつくりだし、排尿機能をサポートする、男だけの器官、前立腺。近年、その病に罹患する日本人が急増し、新たな国民病となりつつある。クルミ大のこの部分に「男の寿命」がかかっている。

40を過ぎると大きくなる

「最初におかしいなと感じたのは、オシッコの出方でした。残尿感が強く、頻繁にトイレに行くようになったんです。もう一つは、セックスのこと。60歳になっても週に一度はセックスをしていましたし、朝立ちもあった。それが急に立ちが悪くなって、朝立ちもしなくなった。

最初は仕事のストレスのせいだろうと思っていたのですが、検査をしたところ異常値が出て、『前立腺がん』、しかもステージIIIで手術は難しいといわれました。

命に関わるがんと診断されたのはショックでしたが、同時にセックスや排尿といった男の沽券にかかわる部位のがんだということで、余計に落ち込みました。死んだら元も子もないとはいえ、もう立たないのかという不安ばかりが募る毎日でしたね」

こう語るのは、都内の機械メーカーで取締役を務めていた林竜也さん(仮名、67歳)。61歳のときに前立腺がんがみつかったが、治療が成功し、現在も元気に生きながらえている。

立つか立たないか—いくつになっても男にとっての死活問題だ。前立腺の病にかかった男性にとって、真っ先に頭に浮かぶのは「生きるか死ぬか」ではなく、「これからもセックスできるのか」という不安だというのもうなずける。東京慈恵会医科大学泌尿器科の頴川晋教授が解説する。

「手術で前立腺を摘出したからといって、必ずしも勃起機能自体は失われません。しかし、精液の量は減りますし、射精の感覚も変わってきます。患者が『手術後にセックスの障害が生じるとは思わなかった』といって、問題になることもよくあるのです」