ブルーバックス
なぜ「確率」を理解すると、世の中の真実がわかるのか?
小林道正『世の中の真実がわかる「確率」入門』
〔PHOTO〕iStock

確率だらけの人生を、
知的に楽しくサバイバル!

平均寿命、生命保険のカラクリ、「大地震が起きる確率」、株の値動き、視聴率や内閣支持率などなど……。

「確率」を通して考えると、世の中のさまざまな真実が見えてきます。

本書では、順列・組合せの基礎からベイズの定理まで、直感を裏切る「確率」の世界を数学の正しい考え方で読み解いていきます。

偶然と必然を見極め、人生を渡る基礎力が身につきます!

はじめに

毎日の生活の中で、「確率」という言葉は頻繁に使われていますし、自然に耳に入ってきます。

この世の中は偶然性から成り立っていますし、私たちの毎日の生活は、確率的に動いていくと言わざるを得ません。

それは、私たちの住んでいるこの世の中の真実の1つです。

日常生活において、確率を知っていると知らないとでは、大きな違いがあります。世の中のウソや間違いに惑わされることなく、確率を活かして、根拠に基づいた判断ができるかどうか? 人生の幸せは、これにかかっているのです。

本書では、世の中の確率的なカラクリを解き明かす話題を、たくさん集めてみました。

確率は生きていく上で不可欠です。しかし、「確率」の本当の意味を理解している人は極めて少ないのが現状です。

そのために誤解して、「今後○年以内に大地震が起きる確率」が80%などと聞くと、恐れおののいたりする人が多いし、逆に、原子力発電所での事故が起きる確率が低いと聞いて、楽観視していて大きな被害に遭う人も多いのです。