"パッキャオの時代"に生きられた幸運を噛みしめる
その歴史的なキャリアを振り返って
ブラッドリー戦後の会見でも爽やかな笑顔はいつも通りだった

4月9日、マニー・パッキャオ(フィリピン)は一部では危機論も囁かれて迎えたティモシー・ブラッドリー(アメリカ)との3度目の対戦で、明白な判定勝利を飾った。

終始リズミカルに攻め抜き、2度のダウンを奪った末の完勝。全盛期のバネとキラーインスティンクト(負けん気)こそなかったが、かつての輝きの片鱗は十分に見せ、ファンを喜ばせる内容だったことは間違いない。

試合後、パッキャオは改めて現役を退く意向を表明した。直後に「復帰の可能性は50/50」と口にするという奇妙な発表であり、遠くない未来のカムバックを予想する関係者は後を絶たない。ただ、例えそうだとしても、フィリピンの英雄のキャリアが1つの節目を迎えたのは事実だろう。

今後に何戦を行おうと、その内容、結果はおそらくパッキャオのレガシーに大きく影響することはあるまい。フィリピンのミンダナオ島で始まり、全世界のスポーツファンを震撼させた奇跡のストーリーは、ここで終章を迎えたのだ。

残された記録が圧倒的である。通算成績は58勝(38KO)6敗2分。フライ級からスーパーウェルター級まで8階級に渡って世界のトップで活躍し、6階級で主要なアルファベットタイトルを獲得した。

スーパーフェザー級以下で戦っていた頃、マルコ・アントニオ・バレラ、エリック・モラレス、ファン・マヌエル・マルケスといったメキシコの英雄たちと熾烈なライバル関係を形成した。ほとんど忘れられかけている感もあるが、この3人と複数回に渡って拳を交え、全員に勝ち越した時点で、パッキャオはすでに将来の殿堂入りは確実のボクサーだったのだ。