ベビーカーを押しながらジョギングするのはダメですか?
日本ではなかなか理解されない現状
ホノルルの朝、街角で見た風景

欧米諸国に行かれたことのある方なら見たことはあるであろう「ストローラー」。日本人に馴染みのある言葉で言うなら「ベビーカー」だ。

ストローラーはベビーカーをさらに強化し、スポーツ向きにしたものである。それをお母さん、もしくはお父さんがジョギングしながら押している姿は欧米では当然のように見られるが、日本ではあまり見ることはない。僕が海外に行くようになって25年が経つが、欧米と日本の間のストローラーの普及の差は変わることがないようだ。これだけ日本における女性の立場も変化しているのにこの実情はどうしたことか……。
 
そんなことを改めて考えたのは、ホノルルで開催されていた「ホノルルハーフマラソン・ハパルア」に来ている時であった。

大会数日前に走っていた私を軽快に抜き去っていった女性はストローラーを押していた。あまりのカッコよさに、手に持っていたデジカメで後ろ姿を撮影し、Facebookにアップしたところ、日本で普及しないことへの不満、反論など様々な意見をいただきこの問題について改めて考える機会を持ったのである。
 
日本では子供が小さいうちは、家で子守をするという概念があった。しかし、子供ができたら一緒に走りに行くという考え方で生まれたのがストローラーである。欧米のジョガーの間では普通のことなのにどうして日本では普及しないのか。要因はいくつかあるが、大きく分けて物理的な道路環境と子育てに関する社会的環境の相違があるようだ。
 
まず道路事情。日本のベビーカーは携行性を重視し、折りたたみやすさ、軽量性などが追求される。一方、ストローラーはあくまでも安定性が重視される。ストローラーは本体を安定させるために、横幅も長さもベビーカーよりも一回り大きい。おのずとサイズも重量も全く違う。

それを日本の狭い歩道で押すことが難しく、段差の多さやコーナーの多さも快適に走れる環境を阻害する。もちろん車道に出てしまうと危険と隣り合わせになるし、もはや本来の子育てという目的の域を出てしまう。とするならば、都心部において、ストローラーを使用してのジョギングは物理的に制限されてしまう。