「子どもの声がうるさい」で保育園が開園断念! 結局みんな、考えてるのは自分のことだけ?
市川市議OBがえぐる問題の核心
市川市役所(Wikipediaより)

「子どもの声が騒音になる」

千葉県市川市で4月に開園予定だった私立保育園が、「子どもの声でうるさくなる」などといった近隣住民の反対を受け、開園を断念したと報じられた。

隣接する松戸市の社会福祉法人が、3月に市中心部に近い菅野4丁目の住宅街に木造2階建ての園舎を建設し、4月1日に定員108人(0~5歳児)で開園する計画だった。

昨年8月に開園を伝える看板を立てたところ、反対運動が始まり、住民側は市や社会福祉法人に対し、計画撤回の要望書を提出したという。

社会福祉法人は説明会を複数回開催したが、「子どもの声が騒音になる」「保育園が面する道路は狭いので危険だ」などの意見が強く、結局、建設に着手できなかったようだ。

社会福祉法人は3月下旬の理事会で計画の撤回を決定。理事長は「保育園は地域の皆さんから見守ってもらえなければ成り立たない。無理だと判断した」と話しているという。

市川市のHPでは、4月開設予定の認可保育園のページ(http://www.city.ichikawa.lg.jp/chi04/1111000019.html)に「整備中止」と記されている。

市川市のHPや「保育施設利用のご案内」(http://www.city.ichikawa.lg.jp/common/000216778.pdf)を見ると、菅野4-1に開設予定だったのは「(仮称)ししの子保育園市川」のようだ。

市川市の待機児童数は全国市区町村で第9位

市川市の待機児童数は、2015年4月時点で373人。これは全国の市区町村で9番目に多い。

厚労省の調査によると最新2015年時点のデータで最も待機児童の数が多いのは、世田谷区(東京)の1,182人で、以下、船橋市(千葉県)625人、那覇市(沖縄県)539人、大分市(大分県)484人、仙台市(宮城県)419人、浜松市(静岡県)407人、熊本市(熊本県)397人、板橋区(東京都)378人、市川市(千葉県)373人と続く。

しかも市川市の待機児童数は、2013年が297人、2014年が336人、2015年が373人と、年々増えている。