雑誌
東京~鹿児島1350kmをなんとガソリン25Lで走破 byアウトランダーPHEV
流し撮り男の流れ旅

TEXT&PHOTO/池之平昌信

故郷鹿児島への帰省を無給油で走っってみせるから、ページにしてくれという懇願が通り、感情を押し殺し、ひたすら走り続けることになる1週間のレポートだ。

'15年12月29日早朝、アウトランダーPHEV電・燃費取材班(たった一名)はガソリンを満タンにし、東名用賀を静かに「キュィーーン」と出発した。

'13年春発売直後のアウトランダーPHEVで無給油の旅を企画し「もんどりうちながら北九州までいった」という国沢親方と本郷編集長の記録を破りつつ、故郷鹿児島に凱旋するためである。

ひたすら「エコモード」80km/h前後でじっくり走行。港北PA、海老名SA、足柄SAと一回30分の休息充電、いや急速充電を繰り返していく。

蓄えた電気がなくなるとエンジンがかかるが、ほんの数キロでSAに着くことが多い。

150km以上走った静岡県内で170km/Lという表示。「ここまで1Lの燃料できたとか! こうなったら、充電可能なSA、PA全部に寄るぞ」と決意し再出発。

走行はレーダークルーズコントロールとし80km/hほどをキープ。暖房も弱めでACオフ。節約走行を徹底!