部下の尿の色で仕事量をチェックする独裁者!? 鴻海会長の「本音」とシャープの明るくない未来
カリスマ経営者の「語録」を読む
【PHOTO】gettyimages

取材・文/安田峰俊

鴻海の社内で十年以上前から伝わる、郭台銘(テリー・ゴウ)会長にまつわる有名な噂話を紹介しよう。

「郭会長とトイレで鉢合わせしてはならない。彼は部下の尿の色を観察し、色が薄いと『まだ働き足りない』と言って仕事を増やしてくるからだ」――

鴻海に買収されたシャープは、一体どうなってしまうのか。雇用は守られるのか。いずれ見捨てられるのではないか……。郭台銘会長が買収の発表会見で多くを語らなかったため、様々な見立てや憶測が飛び交っている。

だが、将来の判断材料がないわけではない。郭台銘会長の過去の発言を丹念に振り返り検証することで、彼の狙いや考えの一端が見えてくるはずだ。中国事情に詳しいノンフィクションライターで、郭台銘会長の会見に出席した安田峰俊氏のレポート。

記者会見とメディア向けツアーで感じた不安

――崩壊直後の社会主義国家の国民は、みなこんな顔をしていたのではないか? 4月2日、シャープ堺工場のホールを訪れたときの第一印象だ。

この日、堺工場では台湾の鴻海精密工業による企業買収の調印式と、鴻海の会長・郭台銘と副総裁・戴正呉、さらにシャープ社長の高橋興三が席を並べる共同記者会見が予定されていた。赤絨毯が敷き詰められたホールには、日本と台湾のメディアの関係者がごった返している。

著者撮影

私がまず驚いたのは、ホール付近で記者たちを出迎えたシャープの社員たちの姿である。

その場にいたのは、いずれも50歳を越えていると思われるおじさんと、20代の女性社員ばかり。30代から40代の「街で普通に見かける男性サラリーマン」が皆無に近かったのだ。おじさんたちからは、世の中のすべてを諦め切ったような空気が漂う。全員が頬に奇妙な愛想笑いを浮かべ、何かに許しを乞うような瞳でこちらを眺めていた。同社の人材流出の程度を想像するには十分な光景だった。

やがて、現場で名刺を交換した台湾のテレビ局・民視(FTV)の取材スタッフにこう尋ねられた。

「英語や中国語がまともに通じる社員が誰もいないんです。彼らが何を言っているか教えてくれませんか」

シャープ側が希望者を対象に開催していた、工場敷地内にあるエコハウス・ツアーの途中でのことだ。

鴻海とシャープは今回の企業買収にあたって、シャープ側の顔を立ててか、外部向けには「戦略的提携」という語句の使用にこだわっていた。

特にシャープ側は、同社と鴻海の技術をコラボさせたIoT(モノとインターネットの融合)の発展を強調していた。電力負荷ゼロを目指す新たなライフスタイルモデルを示すこの施設・エコハウスプラスも、シャープの「ともだち家電」と鴻海側の技術の解説展示場的な位置付けの場所とされていた。

だが、記者会見の取材ついでに見学に来たメディア関係者の約7割が台湾人だったにもかかわらず、現場には外国語ができる社員が誰もいなかった。台湾資本による自社の買収契約が発表される日なのに、日本語が通じない見学者が来ることをほとんど想定していなかったようなのだ。

(※正確には中国人社員が1人だけいたが、見学がすべて終わった後の場所に配置されていたので実質的には意味がなかった)

エコハウス内では、まったく言葉を理解しない聴衆を前に、案内役の女性がマニュアル通りに延々と日本語で説明をおこなっていた。とにかく自分に課せられた仕事を言われた通りにこなしているらしい。わかりやすい単語を使ったり、ジェスチャーを使ったりして、外国から来た見学者たちに少しでも情報を伝えようという素振りはほとんど見られない。

(ちなみに彼女が頑張って説明していたのは、インターネットに繋がり、室内の温度や湿度を音声で教えてくれて、側面を軽く叩くと照明の色が変わるという「スマート花瓶」なる商品であった。)

台湾の記者たちを無駄に困惑させたこのエコハウス・ツアーから1時間後、買収契約へのサインが正式に取り交わされた。こうして、かつての日本を代表した大手メーカー・シャープは、あっさりと鴻海に買われていった――。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら