日本経済の再生は中小企業から!
2020年に向けて東京都はこう取り組む

最終候補4作品(組織委員会HPより)

東京2020大会エンブレム

4月8日(金)夕方、2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会公式エンブレムの最終候補作品4点が公表された。

A:「組市松紋」
B:「つなぐ輪、広がる和」
C:「超える人」
D:「晴れやかな顔、花咲く」

以上の4つであるが、いずれも素晴らしい。14,599点からここまで絞り込んだという審査委員のご苦労に感謝したい。

これから10日間、国民から意見を募集し、それを参考にして審査員の多数決で決定するという。都民や国民が心から愛するエンブレムが決まることを期待している。

初回のエンブレム決定のときの騒動で時間を浪費してしまったが、公式エンブレムが決まれば、それを活用した気運醸成に努めていきたいと思っている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら