『RIZIN』新章突入! ヘビー級大抗争に注目せよ
総合格闘技の再興に向けて
名古屋大会のメインカードを務めるプロハースカ (C)RIZIN FF/Sachiko Hotaka

新たな格闘技シーズンの幕が上がる

大晦日の総合格闘技イベント『RIZIN』は、フジテレビ系列で全国に放映され視聴率7.3%をマーク、12月29日の大会も合わせて試合内容が充実、会場も大いに盛り上がった。

総合格闘技人気復活の兆しが見えたと私は感じた。そして春を迎え、また新たな格闘技シーズンの幕が上がる。

4月17日、名古屋市にある日本ガイシホールにおいて『RIZIN.1』が開催されるのだ。この大会が『RIZIN』ナンバーシリーズのスタートとなる。

主な対戦カードは次の通り。

▼MMAルール(110キロ契約)
藤田和之(TEAM FUJITA)vs.イリー・プロハースカ(チェコ共和国)

▼グラップリングルール・ダブルバウト
桜庭和志(フリー)&所英男(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)vs.ヴァンダレイ・シフバ(ブラジル)&田村潔司(U-FILE CAMP)

▼MMAルール(93キロ契約)
ワジム・ネムコフ(ロシア)vs.カール・アルブレックソン(スウェーデン)

▼MMAルール(98キロ契約)
テオドラス・オークストリス(リトアニア)vs.シング・心・ジャディブ(インド)

▼MMAルール(120キロ級契約)
キリル・シデルニコフ(ロシア)vs.クリス・バーネット(米国)

この他、RENA(シーザー事務)、ギャビ・ガルシア(ブラジル)、アマレス界のホープ村田夏南子が出場する女子3試合、キックボクシングファイト3試合、MMAルールファイト3試合が組まれており計14戦が予定されている。