不正・事件・犯罪
借金10億円を背負い、「住所不定無職」となったあるベンチャー創業者の現在
【PHOTO】gettyimages

「創業者」から「住所不定無職」に

既存の秩序をネットが破壊し、金融、流通、製造、サービスの全ての分野で、新たな創造の担い手を目指して若者が起業、それを後押しする新興市場が創設された20世紀末、「ネットの宅配」というビジネスモデルで起業したのが花蜜伸行氏である。

高校卒業後、21歳でバイク便の会社を起こしたものの、バイクで運んでいたCDロムや版下が、ネットを通じて「添付ファイル」の形で送れるようになった時、時代の変化を感じとった花蜜氏。映画『ザ・インターネット』でピザをネットで注文するというワンシーンをヒントに、99年9月、30歳で「夢の街創造委員会」という会社を立ち上げ、現在の日本最大の出前ポータルサイト「出前館」の礎を築いた。

夢の街創造委員会は、06年6月、ヘラクレス(現ジャスダック)に上場、それまでに経営はスカウトした中村利江社長に譲り、ビジネスの出会いを活発化させる日本元気丸を創業(08年に一般社団法人化)。そちらに活動の重心を移していたものの、夢の街創造員会の内紛を機に、13年3月、特別顧問に就任、また経営に関与するようになった。

起業家の成功モデルのひとりであった花蜜氏だが、夢の街創造委員会の株を巡り、14年4月から6月にかけて、「売り」の勢力に対し、単独で「買い」で立ち向かい、大敗を喫した。一夜にして失ったのは250万株。そのうえ10億円の借金を背負い、全資産を没収されて、「住所不定無職」の状態になった。

さらに、昨年2月、株価操縦を疑った証券取引等監視等委員会が強制調査に着手。証取委の調査は大詰めを迎えており、今後、東京地検特捜部の捜査が本格化する。

上場企業の創業者で、各界に幅広い人脈を有し、ベンチャーの支援者、新規事業やM&Aの仕掛人として知られる花蜜氏に何があったのか――。