打ち合わせに24時間遅刻、編集部に3カ月泊まり…これ全部マジなの!? 女性漫画家の生態を描いた『ラブコメのバカ』が強烈すぎる
「いける---!!」じゃね------------!! 

締め切りを毎回破るダメ漫画家を描いた少女漫画『ラブコメのバカ』。登場人物のほとんどが実在の人物をモデルに描かれ、注目を浴びている漫画家マンガだ。主人公の漫画家・佐倉すずのモデルは作者の櫻井しゅしゅしゅ本人。現実世界で被害を受けている人の生の声を報告する。  


 悲痛な声続々! 被害者の会・報告まとめ

「担当を代わって欲しいと毎月思う」

爽やかに遅刻とのたまうすず先生に長谷川呆然。 

担当編集①・H『ラブコメのバカ』の1巻に描かれている“打ち合わせ24時間遅刻”は実際にやられたことですね。日にちを間違えたのではなく、本当に遅刻。それでまったく悪びれないし……才能なかったらただのクズですよ、あの人。

すずが「担当を代わらないで欲しい」と足にすがりつくシーンも実際にありました。そんな漫画みたいなことあるわけないと思うかもしれませんがガチです。もう6年担当していますが担当を代わりたいと毎月思いますw。

担当編集②・S 1時間以内に原稿が上がらないと雑誌に載らないという逼迫した状況の中、目を離した隙に失踪。戻ってきたところを問い詰めると「シャワーぐらい浴びさせてください! 私にだって人間の尊厳が必要です!」と逆ギレし出して……。櫻井先生の進行のせいでアシスタントさんが2日徹夜しているのにですよ!? 相変わらず「ARIA」の締め切りでビリを連発しているのに、「自分は真人間になった」と豪語したりするし、本当にどうかしています。講談社に3ヶ月泊まるとかも信じられないです。

元担当編集・I 土日に会社で作業するという櫻井さんに、あけて月曜日に進行を確認したら全く進んでいなかったことがありました。「2日間何をしていたの……?」と呆然としていたら、櫻井さんの椅子に「KYOSUKE HIMURO」というロゴ入りの見慣れぬタオルが……。聞いたら「ハイ! コンサート行ってきました!!」って……!!(泣)

天才だとは思うんです。「櫻井さんの描くBLのチ○コって、なんでこんな理想的なものが描けるんですか!?」と聞いたら、「私……前世が宦官だったんだと思うんですよね……」と真顔で言われた時はものすごくビックリしましたし! 宦官だから、失ってしまったもの(=チ○コ)への熱い思いがあるとか意味わからないですよね!? 良くも悪くも予想の斜め上の事態が起こるので、櫻井先生の担当は強いメンタルが必要ですね。