パッキャオ、11ヵ月ぶりの復帰戦
〜英雄に「闘争心」は残っているのか

対ブラッドリー戦直前展望
アメリカの街でもパッキャオ対ブラッドリー戦のポスターを見かけることも少ない

4月9日、ネバダ州ラスベガス MGMグランドガーデン・アリーナ。ウェルター級12回戦。

マニー・パッキャオ(フィリピン/37歳/57勝〔38KO〕6敗2分)vs. ティモシー・ブラッドリー(アメリカ/32歳/33勝〔13KO〕1敗1分1無効試合)

パッキャオの約11ヵ月ぶりの復帰戦が来週に迫っているというのに、アメリカ国内にも“Buzz(興奮した噂話)”はほとんど漂っていない。

ボクシング界を引っ張ってきたスーパースターの試合が、ここまで盛り上がりに欠けるのは珍しい。昨年5月のフロイド・メイウェザー(アメリカ)戦が期待外れの内容に終わったこと、最近の同性愛者差別発言でパッキャオのイメージが悪くなったことなどが、クールダウンに拍車をかけているのだろう。

何より、新鮮味に欠ける対戦相手を選んだこともファンのアパシー(無関心)の主要因に違いない。パッキャオとブラッドリーは過去2度対戦して1勝1敗だが、ブラッドリーが勝った2012年6月の第1戦は“疑惑の判定”と騒がれた。実際には2人が戦った全24ラウンド中、約20ラウンドをパッキャオが制したとみられている。そんな相手と、あえてもう一度戦う必要があったのか。

プロモーション活動の盛り上がりもいまひとつ Photo By Top Rank

チケットの売上も停滞気味と聞く。熱気不足のプロモーション活動を見る限り、PPV購買数では不振に終わったメイウェザー対アンドレ・ベルト(アメリカ)戦同様、パッキャオ対ブラッドリー第3戦も興行的な不振は濃厚ではないか。

ただ……イベントの盛り上がりは期待できないにしても、実力者同士のラバーマッチはハイレベルな技術戦にはなるはずだ。そして、実を言うと、筆者は今回はブラッドリーが“真の勝利”を手に入れる絶好のチャンスではないかと考えている。

ブラッドリーは昨年11月のブランドン・リオス(アメリカ)戦からベテラントレーナーのテディ・アトラスと組み始めた。そのリオス戦では9ラウンドで見事なストップ勝ちを収め、バイタリティ溢れる新デュオは相性の良さを感じさせている。メイウェザー戦後に右肩に手術を受けたパッキャオと比べ、近況の良さでは明らかに上である。

「初めての対戦から4年が過ぎ、パッキャオのキャリアに2つの負けが加わった。僕はより規律正しく戦うようになって、勝利のチャンスは増したはずだ」

そんなブラッドリーの言葉にある通り、今回は32歳の黒人ファイターが“規律を守って”戦えるかが鍵になるように思う。

パッキャオとの第1戦の不名誉な(?)判定勝利以降、世間に自らの力を証明するためか、ブラッドリーにはオフェンス偏重の傾向が見られた。おかげで不用意なビッグパンチを貰うシーンも散見するようになった。

特にパッキャオとの2度目の対戦では無闇に振り回しすぎた感があり、その力みが第1戦に続く試合中の足のケガ、ひいては大差の判定負けに繋がってしまった感がある。約2年ぶりに迎える第3戦では、同じ過ちは許されない。