一般教養としての「企業分析」
〜いい会社/悪い会社はこう見分けよ!

東大「最強ゼミ」が明かす
大熊 将八 プロフィール

日本の会社はすべて「ブラック企業」化する……

その日の昼下がり、安田講堂の地下にある「東大ブラック企業探偵団(UTBD)」の部室に備え付けられたテレビからは、“奇跡のホワイト居酒屋”としてもてはやされてきた「ワイワイ」の悲惨な内情を綴った日誌が明るみにでたというニュース映像が流れていた。「ワイワイ」の株価は午後の取引市場が始まるや否やストップ安をつけたことも報じられている。

「で、アンタの調査はどうだったの?『塚田農場』に潜入したんだっけ?」

いまだに不機嫌そうな羽入マオが、資料を整理しながら宍戸カンタに問いかける。長い黒髪で眼鏡をかけたマオは東大経済学部の3年生。カンタは東大農学部の3年生で、2年生までラグビー部に所属していただけあって体格がいい。

「ああ、美人の先輩に一から手取り足取り優しく指導してもらえて、すごく楽しい職場だったぜ!400円までなら店員が好きなメニューをお客さんに一品サービスできたり、とにかく自由度が高いんだ。関東圏を中心にどんどん新規出店もしているし、会社もうまくいってると思うぜ」

「あの『ワイワイ』だって、オモテ向きには最高の職場だったのよ。居酒屋チェーン業界のなかで塚田農場(エー・ピーカンパニー、本社:東京都港区、東証一部)がなぜ伸びてるかはちゃんと分析したの?」

「えーっと、それは……なんでだっけ?」

「アキれた~。あのね、自前で養鶏場を持って食材供給源を確保しているのが大きいのよ。これによって、よその居酒屋にはない美味しいメニューが次々と企画できるの」

もともとはアパレル業界でユニクロが手掛けた素材開発と商品企画と店舗販売を一貫して行う仕組み(SPA)を、居酒屋に持ち込んだのが塚田農場というわけだ。

「たしかに、ほかの居酒屋より断然美味しいからちょっと高くても頻繁に行っちゃうな」

「実際、リピート率は開示データによればずっと50%以上と非常に高いそうよ」

塚田農場は立地戦略でも逆転の発想が際立つ。居酒屋チェーンは、他のチェーンより少しでも優位に立とうと、立地でもしのぎを削る。そのため駅チカは激戦区となる。しかし好立地は当然賃料が高い。塚田農場は、少々歩いても食べに行きたいと思わせる味を訴求していることで、駅から距離のある穴場にあえて店をだす。

「売上に占める地代の割合は、一般的な居酒屋で15%程度だけど、塚田農場を経営しているエー・ピーカンパニーは10%程度を基準にしているらしいわ。しかもいったん出店すると定着する。この数字を見て。他社と比べて退店数が非常に少ないのよ。

2012年度期首から2014年度末までの3年間で88店舗の出店に対して、退店はわずか10店舗。いっぽう業界最大手のワタミは50店舗出店したけど152店舗も退店したわ。……って、なんで私のほうが潜入してたアンタより詳しく知ってるのよ」

マオは呆れ顔でカンタを見上げる。

「い、いやぁ。ははは。それにしてもやっぱり塚田農場は優良だな!」

「ただ、エー・ピーカンパニーの社員の平均年収は365万円と、上場企業の中で下位4%に入る低さよ。現時点では社員にとっていい企業と言えるかどうかは、微妙かも」

「えっ、そんなに低いのか。うーん、じゃあそもそも、いい企業ってなんなんだよ?」

「いい企業……これからの日本では、難しいかもしれない……」

「どっ、どういうことだよ!」

「もっというと、このままでは、日本の企業はぜんぶブラック企業になるかもしれないわ」

「な、なんだってー?」

「これまでの日本が天国だとすると、これからの日本は、地獄よ。この図を見たら一目瞭然」

マオは、目の前にある資料の山から、日本の全労働者に占める非正規雇用労働者の割合の推移を表す一枚の図を取り出した。

総務省によれば、非正規労働者は、この四半世紀の間、年々増え続け4割(37・4%)となり、1991年から倍増している。さらに厚労省が2015年11月に発表した調査によれば40%に達したという。

「ど、どうしてこんなことになってるんだ?」

「それはね……」

とマオは語り始めた。