サッカー日本代表「新システム」のカギ
金崎夢生の力はこんなものじゃない!
〔PHOTO〕gettyimages

3月下旬、日本代表はロシアW杯アジア2次予選のアフガニスタン戦、シリア戦がありました。日本はどちらの試合も5-0で勝ち、見事、グループリーグ首位で最終予選へと進みました。最終予選は厳しい戦いの連続ですが、なんとかW杯出場を決めてほしいものです。

流動性にパワープレーも加わったハリルJ

24日のアフガニスタン戦では、4-4-2のフォーメーションで中盤がダイヤモンドの形を試しましたね。練習時間が少なかったため、うまく機能していなかったなと感じました。新システムのせいか、どのタイミングで攻撃を仕掛けるのか統一されていなかった。

具体的に言及すれば、サイドの使い方です。ダイヤモンド型の中盤だとサイドハーフが、サイドバックのオーバーラップするスペースを消してしまう。ボランチが1人のため、攻撃の枚数は多いのでボールを回すことはできるけれども、スペースが少なく、縦にいる人にパスを入れにくくなっていました。このシステムの構築には少し時間がかかるなというのが素直な感想です。

この試合では1年5カ月ぶりに代表に復帰したFWハーフナー・マイクが出場しました。長身の彼が入ることでチーム全体の意思統一ができました。選手交代で「パワープレーに特化するんだ」と明確な共通意識が出てきて良かったですね。これで攻撃のバリエーションも増えると思います。

アルベルト・ザッケローニ監督時代にハーフナーが投入されても、あまり戦い方を変えずに「何のためにハーフナーを入れたんだろうか……」と思うこともありました。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はうまくパワープレーをチームに浸透させつつあるのかもしれません。ハーフナーの高さを活かしたパワープレーから得点も生まれましたし、さらにブラッシュアップしてほしいです。

29日のシリア戦はシステムをいつもの4-3-3に戻して臨みました。ワンタッチプレーを多く使ったり、ワンツーで相手の裏を取ったり、3人目の動きも絡めてサイドをえぐっていた。あのようにイメージを共有しながら少ないタッチ数でパス回しができていると、見ている僕たちはワクワクして面白いですよね。

しかし、シリア戦はカウンターからのピンチが多かったのも事実です。これに関してはDFラインのリスクマネジメント能力だと思います。ここの部分の精度を上げていかなければいけません。カウンター自体をゼロに抑えるのは無理ですから、カウンターを食らうことを想定してどのような守備体形を敷くのか。これが一番大切です。

僕だったら、自分が1人余って、センターフォワードに1人マンマークをつける。僕がマンマークをしていたら誰かにサポートに回ってもらう。これでもかというほど、基本的な連係を徹底的に確認しますね。