ゴルフ
マキロイとJ・デイの共通点〜悲願の「マスターズ優勝」なるか
いよいよ開幕目前!
デル・マッチプレー選手権の準決勝で対戦したマキロイとデイ 〔PHOTO〕gettyimages

文/舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

先週のデル・マッチプレー選手権の最終日にローリー・マキロイとジェイソン・デイが対決した準決勝マッチは、とても興味深い顔合わせだった。

2人は、育った環境が大きく異なるものの、いろんな意味で共通点を持つ“似た者どうし”だ。マスターズを目前に控えた今、そんな2人をあらためて見つめ直してみよう。

似た者どうしのマキロイとデイ

北アイルランド出身のマキロイは26歳。オーストラリア出身のデイは28歳。どちらも20代後半の若さだが、達成してきた戦績を眺めれば、どちらもすでにベテランの域だ。

マキロイもデイもメジャーチャンプ。とはいえ、マキロイはメジャー4勝、デイはまだ1勝。メジャー勝利数にこそ差はあるが、デイの1勝は昨夏の全米プロで挙げたもの。最も最近、メジャー優勝を飾ったという「旬」の度合いではデイに軍配が上がる。

どちらも屈指のロングヒッター。米ツアーの平均飛距離ランキングにおいてはマキロイが309.0Yで7位、デイが304.1Yで21位と数字上は少々差が出ているが、悠々300Yを越えるドライバーショットが大いなる武器になっている点は共通項だ。

その300Yドライブを生み出すスイングは、まさに瓜二つ。直接対決となったマッチプレー準決勝のTV中継でも2人のスイングをスローモーションで何度も比較していたが、上体の捻り方も下半身の使い方もクラブや腕の動かし方も、そっくりだ。

そして、パワフルなドライビングを生み出す肉体には、どちらも悩みが付きまとっている。