サッカー
サッカー日本代表、W杯最終予選進出を決めたハリルホジッチ監督の「変化」
〔PHOTO〕gettyimages

就任から1年、計15試合を終えて

1月の男子サッカー五輪予選、2月の女子サッカー五輪予選に続いて、日本代表がロシア・ワールドカップのアジア2次予選に挑み、3月24日のアフガニスタン戦に勝利したことで、日本は最終予選進出を決めました。

ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の就任から、1年が経過しました。3月29日のシリア戦は、監督就任後の通算15試合目でした。

14年のブラジルW杯でアルジェリアを率いたハリルホジッチ監督は、世界基準から逆算してチームを作っていきました。手持ちの戦力を精査し、世界におけるアルジェリアの立ち位置を把握し、グループステージ突破を果たしました。

日本代表監督としても、基本的に同じ方法論を用いています。攻撃にタテへのスピードを求め、攻撃から守備、守備から攻撃への切り替えの速さもチームコンセプトの核に据えました。速さを追求する具体的手段として、ワンタッチプレーも積極的に取り入れていきました。

就任第1戦のチュニジア戦、同第2戦のウズベキスタン戦では、ハリルホジッチ監督の狙いがピッチ上で表現されました。前方向へのパスが増え、相手の守備陣の背後を突くプレーや、味方選手を追い越す動きが目立ちました。チュニジアには2対0、ウズベキスタンには5対1で勝利し、イラクを迎えた就任第3戦にも、4対0で快勝しました。

ところが、シンガポールとのW杯2次予選の開幕戦は、0対0のスコアレスドローに終わります。そして、2次予選での日本は、結果こそ残すものの消化不良のゲームを続けていくことになりました。

日本の選手たちを、ハリルホジッチ監督を悩ませたのは、対戦相手の戦い方でした。チュニジアやウズベキスタンは、自分たちの力にそれなりの自信を持っていましたし、テストマッチですから、負けても失うものはありません。そういった背景から、彼らは自分たちの良さを最大限に発揮しようとしてきました。

W杯予選で対戦相手は、まったく違いました。日本と最後までグループ首位を争ったシリアも、シンガポールも、アフガニスタンも、ゴール前をひたすらに固めてきました。スピーディな攻撃で相手を置き去りにしようとしても、相手の選手のほとんどは自陣にとどまっています。ワンタッチでパスを出そうにも、スペースは埋められています。その結果、一人ひとりがボールを持つ時間が長くなり、攻撃のスピード感が落ちてしまったのです。