中国 不正・犯罪・事件
習近平を激怒させた怪文書「ニーハオ! われわれは、忠誠なる共産党員だ」
そして人気コラムニストが失踪した
〔PHOTO〕gettyimages

2010年4月に立ち上げました本コラムは、おかげさまで300回を迎えました。

連載を始めた当時、私は北京に住んでいました。日に日に「アジアの首都」と化していく北京のことが、日本であまりに紹介されていないので、その息吹を伝えていくことを使命と考えていました。

2016年3月の現在は、東京から発信しています。しかし6年前とは比較にならないほど中国との通信手段が発達したおかげで、毎週中国の最新事情を伝え続けることができています。

この6年で最大の変化は、13億7000万人を統治する指導者が、胡錦濤から習近平に代わったことです。習近平政権になってから15回、中国に足を運びましたが、国家というのはトップが代わっただけで、これほど変わるのかと思うくらい変わりました。

そこで今週は、習近平政権の「大枠の話」をします。引き続き中国を「定点観測」して参りますので、ご愛読のほど、よろしくお願い申し上げます。

著名コラムニスト、賈葭氏の失踪

3月18日、香港メディアが一斉に、著名な中国のコラムニスト、賈葭(Jia Jia 35歳)氏が失踪したというニュースを伝えた。

彼は長く、中国で一番人気の週刊誌『看天下』のコラムニストをしていた。私も2011年から2014年まで、同誌のコラムニストを3年間務めていたため、いつも隣のページに掲載される彼のコラムを愛読していた。それだけに、青天の霹靂のニュースだった。

香港のイニシウム・メディアは、次のように報じた。

3月15日夜8時過ぎ、新著『私の二都市物語』を上梓したばかりの賈葭は、その北京と香港の観察記を携えて、北京空港から香港に向かおうとしていた。2日後に香港市立大学で開かれる出版記念イベントに出席するためだ。

空港の税関をパスして、夜8時15分にゲートカウンターに着いた賈葭は、妻に(いまから搭乗すると)電話した。

だが夜11時半に香港の空港に飛行機が着いた時には、賈葭は乗っていなかった。また、翌日ランチを約束していた友人のもとにも現れなかった。

(中略)3月14日、アメリカでの休暇から戻ったばかりの賈葭は、友人にこう伝えていたという。

「陝西省の親戚が最近、公安の査問を受けた。内容は、3月4日の午前0時に突然、インターネットメディア『無界新聞』のトップページに出現した文書に関することだった」

それは、「忠誠なる共産党員」という署名で書かれた、「習近平同志の党と国家の指導者としての職務辞任を要求する」というタイトルの文書だった。この文書がアップされてまもなく、『無界新聞』のホームページ自体が閉鎖された。

『無界新聞』は、2015年4月に、新疆ウイグル自治区、財訊集団、アリババが共同出資して作られ、「一帯一路」(習近平政権のアジア周辺外交政策)を後押しする新疆の宣伝機関の役割を果たしていた。

『無界新聞』側は本件について、「ハッカーに侵入された」と主張している

香港イニシウム・メディアは、3月20日午後に、続報を出した。

賈葭の代理弁護人である燕薪は本紙記者に、「たったいま北京市公安局首都空港分局から連絡が入った」と述べた。「ある案件に関わった疑いで、北京市公安局は、空港分局の協力を得て、空港から賈葭を連行した」と公安の人間は語ったという

つまり賈葭氏は、『無界新聞』に出た「文書」(怪文書?)に関わった嫌疑がかけられて拘束されたのである。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら