【プロ野球順位予想】
パ・リーグは「圧倒的」ソフトバンク、セ・リーグ1位は・・・?

最下位予想にも注目
〔PHOTO〕wikipedia

25日、プロ野球がセ・パ両リーグで開幕。今回はオープン戦の成績やチームの補強状況から両リーグの順位を予想しました。

【パ・リーグ】
1位 福岡ソフトバンク
2位 北海道日本ハム
3位 千葉ロッテ
4位 オリックス
5位 東北楽天
6位 埼玉西武

【セ・リーグ】
1位 阪神
2位 東京ヤクルト
3位 横浜DeNA
4位 中日
5位 巨人
6位 広島

鷹を除いたパ5球団による“つぶし合い”

パ・リーグは昨季12球団のなかで圧倒的な強さを誇ったソフトバンクが、間違いなく今年も大本命です。ソフトバンクを除いた5球団による“つぶし合い”が予想されます。

5球団のなかで注目しているのは、伊東勤監督率いるロッテです。昨季までスタメン内野手だったルイス­・クルーズと今江敏晃が抜けたところに、高卒ドラ1の平沢大河を使って欲しい。ロッテはすごく­まとまりのあるチームなので、­新人を使うことで“コイツが頑張っているなら、俺たちも頑張ろう”との気持ちが生まれるはずです。そういった効果をもたらすためにも、早い段階で鈴木大地を­セカンドに­回して平沢を使うべきだと思います。

昨季最下位だった楽天は、メジャー通算162本塁打のジョニー・ゴームズが加入したことで打線の層が厚くなりました。­ただ、相変わらず­ピッチャーが不安定です。昨年はベンチが我慢できずに次から次へと代えていましたが、­6回3失点くらいまで我慢することでチームの形というものが出来上がります。今季から指揮を執る梨田昌孝監督は経験豊富な方なので、コロコロ変えることはないと思います。楽天は我慢して粘り勝てば面白い存在になりますね。

今季の最下位予想は西武を挙げます。チームに菊池雄星や浅村栄斗や森友哉など伸び悩んでいる若手が多く、4番の­中村剛­也が常にいい結果を­出さないと­チームは浮上できないという状況にあります。­個々が­成長しなければ、ベテランや中堅ひとりひとりにかかる負担が非常に大きくなってしまいます。見ていて、チームとしての­形が­構築できていないという気がしてなりません。

チームを­変えるキーマンとなるのは、­今季の開幕投手に­指名された菊池です。もし彼が覚醒すれば、エースの岸孝之­にかかる重圧を減らすことができます。昨季、岸は5勝しかあげられませんでしたが、先発ローテーションの2番手や3番手で使ってエース級ピッチャーとの対戦を避けられれば、15勝は間違いなくできるでしょう。チームの勝ち星を増やすためにも、菊池の覚醒は欠かせません。