賢者の知恵
2016年03月24日(木) 古村治彦

「アメリカの真の支配者」コーク一族がトランプの暴走を静観する理由

upperline
【PHOTO】gettyimages

「トランプを止めるには、もう手遅れだ」

トランプ旋風を受けて、共和党内部に動揺が走っている。「トランプが本当に共和党の大統領選挙候補者になってしまう」という危機感が、エスタブリッシュメントと呼ばれる連邦上院議員や大口献金者たちの目をようやく覚まさせた。彼らの中から「トランプ不支持」を表明する人たちが多く出ている。

2012年の大統領選挙で共和党の候補者であったミット・ロムニーは3月3日に記者会見を開き、トランプを「インチキな詐欺師」と批判した。また、2012年の大統領選挙でロムニーの副大統領候補となったポール・ライアン連邦下院議長もトランプを批判。ジャパン・ハンドラーとして有名なリチャード・アーミテージ元国務副長官も「トランプの言動や行動を軽蔑している。トランプが共和党の大統領候補に指名されたら自分はヒラリー・クリントンに投票する」とこきおろした。

また、共和党系の外交政策専門家たちも、2016年3月2日付で公開書簡を発表し、トランプ批判を行った。公開書簡に名前を連ねた人々の中には、ロバート・ゼーリック、ロバート・ケーガンといった、ジョージ・W・ブッシュ前共和党政権の外交・安保政策を牛耳ったネオコン(ネオコンサヴァティヴ)たちも含まれている。アメリカのマスコミではこの書簡を「共和党内タカ派によるトランプへの宣戦布告書」と呼んだ。

しかし、アメリカの大物政治評論家で保守派のチャールズ・クラウトハマーの見方は悲観的だ。スーパーチューズデーが終わった時点で、「トランプを止めるために今から動いても、もう手遅れだ」と発言している。

クラウトハマーは、数々の過激な発言やスキャンダルがありながらも、トランプに対する支持は増加していると指摘し、共和党のエスタブリッシュメントは、トランプを阻止することはできないだろうと述べた。

そのような状況の中で、アメリカを代表する大富豪であるコーク一族の動向に注目が集まっている。

次ページ コークとトランプの奇妙な一致
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事