サッカー
「なでしこジャパン」に何があったのか? 五輪予選敗退の原因
〔PHOTO〕gettyimages

精神的な切り替えができないまま

なでしこジャパンことサッカー女子日本代表が、リオ五輪の出場権を逃しました。

佐々木則夫監督率いる日本は、11年のドイツW杯で優勝、12年のロンドン五輪と15年のカナダW杯で準優勝と、3つの世界大会で連続して決勝戦に進出していました。これは紛れもない偉業です。

チームの大黒柱だった澤穂希さんが引退したものの、世界の舞台で戦ってきた選手は数多く残っています。アジアの女子サッカーは実力が拮抗していますが、最終予選は日本で開催されることもあり、不安よりも期待が先行していました。

ところが──。

6ヵ国による最終予選で、日本は2勝1分け2敗の3位となり、上位2ヵ国が得る出場権を逃してしまいました。

予選敗退の原因は、初戦の躓きにありました。オーストラリアとのゲームで、1対3と敗れたのです。

男子サッカーのW杯などでも、初戦に勝利したチームは高い確率でグループリーグを突破し、決勝トーナメントへ進出しています。大会最初のゲームに勝つということは、単なる1勝にとどまらず、チームの雰囲気を高めたり、勢いをつけたりする効果があるのです。

1月のカタールで開催された、男子の五輪予選が分かりやすいでしょう。北朝鮮との初戦に苦しみながら勝利し、結果的に6戦無敗で五輪の出場権をつかんだ戦いぶりは、短期決戦でスタートがいかに大事なのかを物語っています。

しかも、最終予選の序盤は中1日で行われました。精神的な切り替えができないままに韓国との第2戦を迎え、終盤に待望のリードを奪ったものの、自分たちのミス絡みで同点に追いつかれました。またしてもショックを引きずる展開で、引き分けてしまったのです。