『あさが来た』広岡浅子だけじゃない 名門女子大を作った“豪傑”たちをご存じですか?日本女子、津田塾、、東京女子、東洋英和、聖心、フェリス

2016年03月22日(火) 週刊現代

週刊現代賢者の知恵

upperline

皇后美智子さまが学生時代を過ごした東京都渋谷区にある聖心女子大学のキャンパスは、もともとは久邇宮邸であり、香淳皇后が幼少時代を過ごした地でもある。皇室とも縁が深い、この大学はフランスの女子修道会「聖心会」によって設立され、初代学長を務めたのが婦人宣教師マザー・ブリットだ。

「マザー・ブリットは相当やり手の方でした。太平洋戦争で一時帰国していたブリットは終戦後、再び来日。それから聖心女子大の創立に向けて奔走します。

当時は、まだアメリカの占領下だったことと、戦後の混乱期であったため、相当苦労したようです。しかし、マッカーサーに大学設立を直談判し、彼の首を縦に振らせた。マッカーサーにとっても、日本がこの先どのような国になっていくのか、暗中模索していたこともあり、彼女の欧米式女子教育に期待し、許可したようです」(メディアプロデューサーの渡邊満子氏)

今も残る創立者の思い

神奈川県のプロテスタント系大学であるフェリス女学院大学の創設には、二人の宣教師が関わっている。

「一人はヘボン式ローマ字などで知られるアメリカの宣教師J・C・ヘボン。横浜の自宅で施療所を開いていた彼と共に、妻のクララは子どもたちに英語などを教える『ヘボン塾』を開校します。ここには、後に大蔵大臣を務め『だるま宰相』として親しまれた高橋是清や、後の外務大臣・林董も通っていました。

もう一人の立て役者が1869年に来日した婦人宣教師キダーです。彼女は多忙を極めたヘボン夫妻に代わり、ヘボン塾の学生を引き継ぎます。次第に女子学生が増えていき、ヘボン邸の一室を利用した授業に限界がきた頃、キダーが頼ったのが当時、神奈川県の権令(副知事)だった大江卓でした」(フェリス女学院大学名誉教授の鈴木美南子氏)

大江卓は土佐出身の実業家として知られる。坂本龍馬の盟友・中岡慎太郎のつくった陸援隊に加わり討幕運動に奔走。明治維新後は、陸奥宗光にスカウトされて、神奈川県の発展に貢献した。鈴木氏が続ける。

「実は大江の奥様がキダーの生徒だったんです。大江はキダーの良き理解者で支援を惜しみませんでした。彼の取り計らいで、野毛山に日本家屋の官舎を提供してもらい、本格的な学校教育がスタートします」

その後、野毛山から、現在の校舎がある横浜の山手に場所を変え、『フェリス・セミナリー』を創立。現在のフェリス女学院大学へと繋がっていく。

最後に毛色の異なる女子大を紹介しておこう。東京都千代田区にある共立女子大は、女性に手に職をつけさせるための職業訓練校として、裁縫私塾の一隅から始まった。「共立」の名前の通り、創立に関わったのは総勢34名。その中には、鳩山和夫の妻で、鳩山由紀夫・邦夫の曾祖母の春子も含まれており、彼女は後に学長も務めている。

広岡浅子のように、大学創立の中心には必ず豪傑と呼ばれる人物が存在する。事実は小説よりも奇なり。ドラマ以上の物語がそこにはあった。

「週刊現代」2016年3月19日号より

前へ 1 2 3 4

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事