水戸市がブチ切れた!「TBSヤラセ疑惑」が示したドキュメント・バラエティーの限界
TBS『水曜日のダウンタウン』HPより

激昂する若者は「仕込み」だった?

TBSのバラエティー番組『水曜日のダウンタウン』に茨城県水戸市が怒った。2月3日に放送された水戸黄門に関する内容に偽りがあったとして、放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議を求める意見書を提出したのだ。

この番組は、ユニークな仮説を検証する番組。過去には「ビートたけしが本気で弟子を売る気ない説」などが検証された。バカバカしい仮説を大真面目に検証し、みんなで楽しみ、笑おうという趣向である。面白い番組だと思い観続けている。

だが、水戸市は怒ってしまった。検証された仮説は「水戸なら今でも印籠の効果あるんじゃないか説」。時代劇『水戸黄門』で使われていた印籠が、水戸市内では今も効果があるのではないかという仮説を現地で確かめたのだが、市側には笑えない内容だったのだ。

番組は水戸黄門役の高齢俳優と助さん格さん役の俳優を用意。水戸駅前でタバコを吸っている複数の若者グループに、黄門役の高齢俳優を近づかせ、灰皿のない場所での喫煙を注意させた。

ところが、どの若者たちもガラが悪く、注意に耳を貸さないどころか、怒る。あるグループに対しては助さん格さん役の2人が登場し、印籠を出したものの、若者たちは意に介さず、それどころか激昂する始末。脅しに近い言葉で3人を威圧した。「警察でもなんでも呼んで来いや。こらぁ!」と凄む者もいた。印籠の効果はまったくないという結論に至った。

水戸駅前は怖い若者が多いところという印象を見る側に植え付ける内容だったが、市側によると、若者らはエキストラ。つまり、仕込み。このため、市側は「放送は虚偽」と糾弾する。

どうして水戸市側が若者らを「仕込み」と断ずるのかは定かではない。だが、水戸駅前には警察官が常駐する交番があり、常に人目もあるから、市側がその気になって調べたら簡単に分かってしまうだろう。また、道路使用許可を確認すれば、参加したスタッフとエキストラの総数も大体は分かる。