「不治の病でも阪神の絶対エースを目指す!」岩田稔の挑戦
特別インタビュー

阪神タイガースの岩田稔は、高校2年の冬に「1型糖尿病」を発症し、現在も1日4回のインスリン注射を打ちながら競技人生を歩んでいる。プロ11年目となる2016年シーズン開幕の日に、自身初の著書となる『やらな、しゃーない!1型糖尿病と不屈の左腕』(株式会社KADOKAWA)を上梓した岩田に、不治の病とともに歩んできた野球人生を振り返ってもらいながら、今シーズンにかける思いを語ってもらった。

“ムエンゴ”でも、しゃーない!

昨シーズン、岩田は自己最高となる170回1/3を投げた。これは、藤波晋太郎、ランディ・メッセンジャーについでチーム3番目となる投球回数である。しかし、これまでのプロ生活10年で、2桁勝利は08年のみ。好投してもなかなか打線の援護が得られず“ムエンゴ病”と揶揄されることもあった。それでも、岩田は「自分が打たれなければいいだけの話」と割り切り、自分が今やるべきことに集中している。

「昨年については、ケガがなかったことはプラス要素。170回1/3という数字に関しても、自信につながってはいるかなと。キャンプではこれまで使ってこなかったチェンジアップの感覚もつかめてきました。まだ強さもコースも中途半端なんで、改良が必要ですけどね。オープン戦では少し力んだところもありましたけど、全体的には順調に進んでいます」

今シーズンから阪神は金本知憲新監督が指揮をとることになり、チームが一新した。その金本監督は、岩田を「エースになる可能性もある」と太鼓判。優勝を待ち望むファンも「岩田、今年こそは!」と、もどかしい思いを期待に変えてエールを送る。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら