雑誌
育休不倫の宮崎クン(謙介・元衆院議員)のその後を追った
会見では「人間としての欲が勝った」という正直すぎる釈明も話題に〔PHOTO〕gettyimages

もしこの一件が発覚しなければ、「男性議員の育休第一号」となった彼は、わが子を抱いて国民の前に現れていたかもしれない。過ちを犯し、夢破れた今、本当に反省しているのか。その後を追った。

不倫相手の女性の言い分

「彼(宮崎氏)は議員を辞めて、一般の方になりました。私も一般人です。もう終わったことですから」

3月初旬、本誌の取材に対してこう語ったのは、宮崎謙介元衆院議員との不倫疑惑が報じられた、タレントの宮沢磨由(34歳)だ。

宮沢はこの事件について、「もう終わったこと」だと語った。彼女が言うように、議員辞職した宮崎氏のほうも、「もう自分は一般人で、けじめはついた」と思っているかもしれない。

しかし、不倫が発覚したときには、宮崎氏はまだ、有権者の信頼と巨額の税金を背負う国会議員だったのだ。

しかも、「男性議員にも育児休暇を」と叫んで一躍有名になった宮崎氏が、妻の妊娠中に不倫していたという不祥事は、まじめに「男の育休取得推進」に向けて活動していた一般の人々の思いも踏みにじった。この一件で、どれほど「男の育休」の普及にブレーキがかかったか、その負の波及効果は計りしれない。

宮崎氏は2月12日に謝罪・辞職表明会見を開き、「全ては私の不徳の致すところ」「全ての皆様に、そして妻と子に対し、深く、深く、お詫びを申し上げます」と陳謝。地元の有権者・支持者に対しても、一応の謝罪は口にした。

しかし、地元の京都3区では、宮崎氏が「お詫び行脚」をしている、という話はまったく聞こえてこない。彼が借りていたマンションは、すでに無人状態だ。近隣住民たちが言う。

「大騒ぎになった直後、引っ越し業者ではなく普段着姿の男が数人やってきて、白昼堂々、車にボストンバッグを積み込み去っていきました。

以前、女性と宮崎さんが一緒に歩いているのを見たことならあります。女性は宮崎さんから少し離れて歩いていた。(宮崎氏は)大きいから目立つんですよね」(60代男性)

「事件の後も、あの人の姿は全然見ないですよ。そもそも、あの報道で初めて顔と名前が一致したくらいですから。ちゃんと選挙活動してたのかどうかさえ覚えてないくらいです」(40代女性)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら