防衛・安全保障
いまさら聞けない「集団的自衛権って何ですか?」〜日本の常識は世界の非常識だった…
2015年夏、国会を取り囲んだ安保法制反対デモ。しかし、「集団的自衛権」なるものが国際社会でどう理解されているかを知ると、そもそも私たちは何をめぐって議論していたのか、よくわからなくなる…〔photo〕gettyimages

文/伊勢﨑 賢治

国際社会の理解と根本的にズレてる?

日本の非常識を、これほど可視化した政権があっただろうか。それが安倍政権の最大の功績だ。

集団的自衛権。この行使を容認する閣議決定が、強烈な違憲行為であり、立憲主義への脅威として捉えられ、安倍政権を糾弾する国民運動に発展した。筆者も、その一翼を担った(http://kokumin-anpo.com)。

いまだに、「集団的自衛権の行使容認+その閣議決定=重大な違憲行為」は、9条護憲派を中心に、一部の改憲派をも巻き込んで、安倍政権打倒のロジックとなっている。

しかし、日本人の、集団的自衛権のそもそもの理解が間違っているとしたら?

安倍政権支持・反対の、論争の土俵そのものが、間違っているとしたら?

集団的自衛権に行く前の、個別的自衛権も含めて、日本人の理解が根本的に国際社会とズレているとしたら?

* * *

まず一般的な国民の理解を確認しておこう。

個別的自衛権については、一般に日本国民は「やっていい」と考えている。つまり、憲法9条も許していると考えている。敵が日本国内に攻め込んできたら、いくらなんでも反撃できるだろうと。

それに対して、集団的自衛権はダメ。憲法9条は、集団的自衛権は許さない。アメリカがやる勝手な戦争−−それも何千キロも離れたところの−−に日本が巻き込まれる、と。

つまり、個別的自衛権だったら、生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利という日本国憲法上の要件からもOK。でも、集団的自衛権は、モロ“戦争”だからダメ……そういう感じになっているのではないだろうか。

日本人の心理では、個別的自衛権と集団的自衛権の間に、非常に大きな壁が存在する。

しかし、国際社会では、以下に見るようにまったく別の形で理解されているのだ。