本/教養


障害者のリアル、そして恋愛を描いた漫画『パーフェクトワールド』に号泣

再会した初恋の人は車椅子利用者だった__。脊髄損傷を負った男性との恋愛を描く漫画『パーフェクトワールド』。脊髄損傷者の直面する問題や、キャラクターの葛藤をリアルに描き、今大きな反響を呼んでいる。作者である漫画家の有賀リエさんと、連載当初から取材協力をする建築士の阿部一雄さんに話をうかがった。  


 批判も覚悟して

【左】有賀リエ(あるが・りえ)長野県出身。『天体観測』で「Kissゴールド賞」受賞し、デビュー。代表作に大学天文部を描いた『オールトの雲から』がある。本作が初連載作。【右】愛知県出身。阿部建設株式会社代表取締役。一級建築士。オートバイのレース中に転倒し脊髄を損傷、車椅子となる。車椅子でのマラソンや富士登山などアクティブな活動で知られる。

阿部一雄(以下阿部)僕ね、この漫画のすごいところは、障害者の僕が読んでもまったく違和感がないところだと思うのです。

たとえば、デート中に樹(いつき)に向けられる視線に、つぐみが不快感を抱くところは本当にリアル。受傷後、はじめて出かけた時のことを思い出しました。皆が自分のことを見ているような、何とも言えない居心地の悪さは今でも変わりません。

読者さんの反応はいかがでしたか?

有賀リエ(以下有賀)批判も覚悟していましたが、概ね好意的でした。最近見た感想で印象的だったのは「たまたま身近に障害を持つ人がいないからわからないし、気になるけれど今もわからないままでいる。でもこの漫画を読むと身近に感じられる」というものです。 この漫画はあくまでも恋愛漫画として描いていますが、障害のこともちゃんとお話に盛り込めたのかなと思いました。他には感動したというお手紙もいただきました。

阿部:僕この漫画のコミックスを人に渡す時、「何回泣いたか教えてね」って聞いているんですよ(笑)。

有賀:そうなんですか(笑)。でも「泣かせよう」と思って描いたことは一度もなくって、つぐみや樹の人生を追っているという気持ちです。

阿部:だから等身大に感じるのかな。僕はこの漫画を読むとすごくスッキリします。

障害者は悔しさや怒り、やるせなさを常に抱えています。この漫画に出てくる登場人物たちは、樹だけでなくつぐみや家族も悩んで、凹んで、揺らいでいてとても人間らしい。そういった心の中のモヤモヤした気持ちが絵と文字で表現されている。そんな人物たちだからこそ読んだ人が感情移入できるし、「もし自分だったら?」とより身近なこととして考えられるのだろうと思います。