雑誌
佐藤優直伝 社会人のための「教養」講座
【第1回】「金正恩の思考回路」をどう読み解くか?

この男は本当に狂っているのか? 〔PHOTO〕gettyimages

なぜ「水爆」だったのか

今年1月6日、北朝鮮が「水爆実験に成功した」と発表しました。第1回は、この報道の読み解き方から始めましょう。

こういう時、まず考えないといけないのは「先例があるかどうか」です。皆さん、「地下水爆実験」なんて聞いたことがありませんよね。水爆は普通の核爆弾より爆発の規模がはるかに大きい。実際に爆発させれば、山が吹き飛んでしまうような事態になりますから、「地下水爆実験」というのはあり得ないんです。

それに、仮に北朝鮮が水爆実験を成功させたとして、「日本に対する直接的な危機が増した」と本当に言えるでしょうか。

水爆は小型化が難しい兵器です。アメリカやロシアは小型化に成功し、ミサイルの弾頭に積めるサイズの水爆を持っていますが、非常に高い技術がいる。原爆のような核分裂兵器と、水爆のような核融合兵器には、相当な技術的ギャップがありますが、北朝鮮にそれを埋める力はありません。

また、北朝鮮には弾道ミサイルや爆撃機など、重い水爆を運ぶ手段もない。ですから、現時点で本当に北朝鮮が水爆を持っていたとしても、怖がる必要はないでしょう。

むしろ今、国際社会が脅威と考えているのは、北朝鮮が原爆を小型化すること。うがった見方をすると、北が今回わざわざ「これは水爆実験だ」と発表したのは、「核の小型化の実験をしているわけではありません」という対外的メッセージかもしれないのです。

メッセージの宛先ははっきりしていて、アメリカですね。つまり、このニュースひとつから「われわれは核兵器を小型化して、アメリカを攻撃するつもりはない」という金正恩のメッセージが読み取れるわけです。

一方で、この水爆実験を受け、韓国の与党セヌリ党幹部は「北に対抗してわれわれも核兵器を持つべきだ」と言いました。

一般論として、「能力のある国が意思を持つと、恐いことになる」というのが、核開発に関する国際常識です。そして、韓国は核武装の能力を十分持っています。北朝鮮の「自称・水爆実験」において警戒すべきは、実は韓国かもしれないのです。