山田哲人の内角打ちに見た「打撃の神髄」〜静の中に動がある

いつのシーズンでも新監督の動向には注目が集まるものだ。とくにこの時期は、はたして彼に本当に監督が務まるだろうか、という野次馬根性が働いて、その言動には誰もが興味津々になる。

今季でいえば、巨人・高橋由伸新監督。まあ新鮮ですわな。4月でようやく41歳になるという若さ。ご承知の通りの整った顔立ち。スター然とした挙措。

で、その手腕は? と少々意地悪な気持ちにもなるが、彼は、キャンプ以来、きわめて落ち着いているように見える。新監督といえば、やれ機動力を使いますだの、改革だのと、威勢のいいスローガンをぶちあげて、しりすぼみに終わるのが通り相場だが、高橋監督の落ちつき払った様子はちょっと脅威かもしれない。

阪神・金本知憲新監督の言動は、なかなか派手だ。野球選手・金本として感じたことをストレートに言葉にしているようなところがある。阪神ファンは、毎日が楽しいでしょうね。

意外な話題を提供したのが横浜DeNAアレックス・ラミレス新監督だ。紅白戦や練習試合で、投手への配球のサインを、一球一球、捕手ではなく、ベンチで自ら出したというのだ。「ラミちゃん、ペッ」のパフォーマンスはいいけれど、監督はどうかなあ、と懐疑的な人も多かったはずだが、これには意表をつかれた。

例えばメジャーリーグでは、エンゼルスの名将マイク・ソーシアを思い出す。彼は守備のときにも、一球一球、指で顔のあたりをさわって、しきりにサインを出す。あれはあれで、カッコいい。では日本人にも似合うかと問われれば、首をかしげるけれども。

指揮官からの要求

ソーシアはいわゆるスモールベースボールの推進者と言われるから、ラミレス監督もそうなるのかなと思ったら、どうやら事情は違うようだ。

要するに、投手に内角攻めを要求したのだそうだ。

<キャンプ中、ラミレス監督がバッテリーに示した目標は明確だった。「7割は内角」>(「朝日新聞」3月2日付)

そのサインをベンチから出してバッテリーに徹底したのだという。

3月2日、東京ヤクルトとのオープン戦では、サインは出さなかった。

<「今日は初めて、ベンチからサインを一切出さない試合になった。それはチームのゴールでもあるし、目標でもある」>(「日刊スポーツ」3月3日付)

お、なかなかなコメントではないですか、新監督!

「7割内角」というのは、相当思いきったスローガンだ。たとえば昨年のラグビーワールドカップ。エディー・ジョーンズヘッドコーチが五郎丸歩に課した目標数値は、キックの成功率85%というものだった。その85%という数字は、ワールドカップで日本が勝つために必要な得点数から、逆算して導き出されたに違いない。実際に、それが日本の勝つための目標値だった。

では、ラミレス監督の「7割」には、どれだけの根拠があるのだろうか。先の朝日新聞記事によると、DeNAの高田繁GMはラミレス監督を「すごく緻密で研究熱心」と評している。「7割」という数字に緻密な根拠があって、DeNAの快進撃で2016年シーズンの幕が開く、というシナリオも、見てみたい気がする。

投手にとっては、打者の内角を攻めること、打者からすれば内角をきっちり打ち返すこと、これは野球の永遠のテーマである。