五輪にプロボクサーが参戦する?
ミドル級の村田もロンドン五輪金メダルを経て、プロに転向した

ボクシング界が大きく変わることになるのかもしれない。そんな提案がアマチュアボクシング側からなされた。

アマチュアを統括するAIBA(国際ボクシング協会)の呉経国会長が、こう発言したのだ。

「すべてのボクサーに五輪への門戸を開きたい。プロボクサーの五輪参加を全面解禁する規定改正案を臨時総会に提出する」

これまで五輪競技に出場するのはアマチュアのボクサーに限られていた。プロの選手は出場できない。だが、これは決して理不尽なことではなく、五輪でのメダル獲得を経て、プロデビューすることはボクサーにとってのひとつのステータスとなっていたのである。

モハメド・アリ、シュガー・レイ・レナード、オスカー・デラホーヤ……数多くのボクサーたちがアマチュアボクサーとして五輪に出場し活躍、その後にプロのリングに厚待遇で上がるという流れができあがっていたのだ。現在の日本に目を向ければ村田諒太が、それに当てはまる。

では今回のAIBAの提案には、どのような意味があるのか?

おそらくは五輪において、これまで以上にボクシング競技を盛り上げたいとのAIBAの目論見であろう。現役のプロの世界チャンピオンが出場するとなれば、それは、バスケットボールにおいて「NBAドリームチーム」が1992年のバルセロナ五輪に米国代表として参戦した時のような衝撃を与えることができる。

だが、そんなことが本当に実現するのであろうか。