経済/企業

雑誌
有名企業「異例トップ人事」の裏側
〜今年はソフトバンク、ソニー、サンリオで目玉人事アリ?

経済記者が匿名座談会でホンネ語る
〔PHOTO〕gettyimages

社長交代会見では、「前」も「新」も笑顔を振りまく。が、そんな円満ぶりを額面通りに受け取ってはいけない。笑顔の裏には必ず思惑、策略などの深謀遠慮が渦巻く。人事は怖くて、おもしろい。

次期社長候補が飛ばされた

伊藤忠の岡藤氏(伊藤忠HPより)

全国紙A 伊藤忠の岡藤正広氏の社長続投宣言が波紋を広げているね。

経済誌B 「社長任期は6年」という通例を破ったこと自体には、実はさほど驚きはない。

通信社C その通り。「俺が、俺が」の岡藤氏なら続投しかねないとみんな思っていた。それより衝撃が走ったのは、社長続投に絡んで発表された役員人事。

B 次期社長候補の筆頭格とされていた専務2人が飛ばされた件だね。

A 住生活・情報カンパニープレジデントだった吉田朋史氏は伊藤忠インターナショナル社長に、エネルギー・化学品カンパニープレジデントだった福田祐士氏はアジア・大洋州総支配人への異動が決まった。一見すると栄転なんだけど、商社で偉いのは何と言ってもカンパニープレジデント。両氏がプレジデントから外されたのは、「降格に等しい」とある社員は言っていた。

C 吉田氏、福田氏はともに稼ぎまくっていたから、手腕はピカ一。部下からの評判も良くて、降格される理由はまったく見当たらない。

A だから余計に、社員は戦々恐々としている。二人が力をつけすぎてきたので、岡藤氏がパージしたのでは……とね。

B 実は予兆めいたこともあった。昨年末に突然、吉田氏が率いる住生活・情報カンパニーが住生活カンパニーと情報・金融カンパニーに分割されると発表された。これもいま思えば、巨大化しすぎたカンパニートップの権限を小さく抑え込む思惑があったのではないかと見えてくる。