若者たちが政党を動かした!
~公明党の参院選重点政策に「若者参画政策」が盛り込まれた経緯

昨年12月17日に開かれた「公開政策協議~公明党編~」の様子

公明党が重点政策に「若者政策担当大臣」等

公明党が夏の参院選公約の重点政策案を発表し、「若者政策担当大臣」や「部局」の新設、審議会への若者の登用、被選挙権年齢引き下げを検討することなどを明記した。これは2月27日に東京都内で行われた全国県代表協議会で明らかになったものだ。

具体的には、

〈1〉活気ある温かな地域
〈2〉健康・活動寿命の延伸
〈3〉女性や若者、すべての人が希望を持てる社会
〈4〉子どもを大切にする社会
〈5〉災害から暮らしを守り抜く

の5分野からなり、掲げられた35項目の重点政策の中に、「若者政策担当大臣」と「若者政策担当部局」の設置、「審議会への若者の登用」、「被選挙権年齢引き下げ」などの若者参画政策が含まれた形だ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら