作家・なかにし礼 2度目のがん、死と直面して見出した「闘う力」
[Photo:iStock]

八方塞がりの状況で決意した手術

2012年、食道がんを陽子線治療で克服したなかにしさんでしたが、昨年2月にリンパ節に新たながんが見つかりました。このたび刊行された『闘う力 再発がんに克つ』は、それから約8ヵ月間の、手術をするか否かの逡巡、心境の変化などを記したリアルな「闘病ノンフィクション」です。

前回のがんについては『生きる力』という本にまとめましたが、主要テーマは陽子線治療に出会うまでの医者探しの旅みたいなものでした。しかし今回は療養そのものが非常にシビアだったので、そこを詳細に書きました。

今回のがんでまずショックだったのは、頼みの陽子線治療が使えなかったこと。がんが前回陽子線を当てた付近にあり、気管支にぴったりと密着している。そこに再度陽子線治療を施すと、気管支に穴が開いてしまう可能性があるのだと医師から言われました。

私は陽子線治療の信者みたいなものでしたから、「これはもうダメだな」と思いました。若い時の病気の影響で心臓が他人より弱いので、開胸手術に耐える自信はない。こうなったら仕事は引退して、あとは抗がん剤と緩和ケアで残りの人生を生きるしかないと覚悟を決めました。

ところが一転、手術を決意された。

自分が思っている以上に、私のがんは深刻だったんです。がんが気管支を突き破る「穿破」という状態になると、数日しか命がもたない。いつそうなってもおかしくない状態だったのです。

病院の医師がわざわざ電話してきてくれて、熱心に手術を勧めてくれた。一度陽子線でがんを克服したなかにし礼を、そう簡単に死なすわけにはいかないという意地もあったんでしょう(笑)。

それで、「少しでも可能性があるならやってみよう」と思いなおしました。ただ、「手術中に心臓が止まったらもうしょうがない」というある種の諦めがあったのも事実です。