賢者の知恵
2016年02月29日(月) 週刊現代

進学校の偏差値ピラミッドが激変!? 4年後、伸びる有名私立・ダメになる有名私立

週刊現代
upperline
東大は今年から推薦入試も開始した〔PHOTO〕gettyimages

大学入試で「明治以来」といわれるほど、大規模な改革が行われようとしている。受験業界に激震が走り、御三家を頂点とする進学校の偏差値ピラミッドが崩壊するかもしれない。衝撃の未来予想図。

開成、桜蔭に黄色信号

順天堂大学の入試で出題された問題の写真

「'15年1月に順天堂大学医学部の入試で出された問題は、衝撃的でした。

たった一枚の写真(右)を見せられ、次のような設問がありました。

『キングス・クロス駅の写真です。あなたの感じるところを800字以内で述べなさい』

この問題には、旧来型の入試問題とはちがって模範解答がない。しかし、'20年に大学入試改革が行われると、こうした設問が主流になるかもしれません」

こう語るのは、かえつ有明中・高等学校校長で、『2020年の大学入試問題』(講談社現代新書)を上梓した石川一郎氏。石川氏が例に挙げた問題は、とうてい医学部の試験とは思えないような抽象的なものだ。しかし、このような思考のプロセスやそれを表現する力を問う問題が'20年から大学入試の主流になることをご存知だろうか。

'14年12月、中央教育審議会が'20年の入試改革に関する答申を出し、学習指導要領も新しくなる。具体的には'19年度にこれまでのセンター試験が廃止され、「高等学校基礎学力テスト(仮称)」と「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」がその代わりになる。

さらに各大学の入試問題は、知識の量を問うような従来型の入試問題ではなく、冒頭のような模範解答のない論述問題が増える。加えて英語力は英検などの資格で測られるため、受験生は高校のうちに検定を何度も受けることになる。

対象となるのは現在、中学1年生の生徒からだ。

次ページ なぜ明治以来の大改革なのか
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事