イベント・カンファレンス
超高速「5Gモバイル」が普及する!? フェイスブックの次の企み
通信速度は4Gの100倍以上
〔PHOTO〕gettyimages

毎年、この時期にスペインのバルセロナで開催される世界最大のモバイル技術展示会/国際会議「Mobile World Congress(MWC)」。筆者は今回、現地には行かなかったが、メディア報道によれば、今年の目玉は「5G(第5世代)」と呼ばれる次世代モバイル通信技術だ。

●"5G Is a New Frontier for Mobile Carriers and Tech Companies" THE New York Times, FEB. 21, 2016

フル尺の映画一本を5秒でダウンロード

現在、私たちがスマホやタブレットなどから使っているのは、「LTE(Long Term Evolution)」と呼ばれる第4世代(4G)のモバイル通信技術だ。これが第5世代(5G)になると、現在の100倍以上も通信速度が速くなると見られている。

具体的な例をあげると、現在の4Gではフル尺の映画ファイルをダウンロードするのに8分以上かかるが、5Gでは何と5秒以下でそれができるようになる。

この事例に限らず、基本的には通信容量が飛躍的にアップするので、現在のスマホやタブレットのみならず、時計やメガネ、衣服、クルマ、さらにはドローンや各種ロボットなど、あらゆるモノがワイヤレス通信に接続しても、持ち堪えることができる。

いわゆる「IoT(Internet of Things:モノのインターネット)」を支える、次世代通信インフラの誕生である。