なぜアマゾンでつい「ポチッて」しまうのか?
~無意識を支配する「色」のヒミツ

〔PHOTO〕iStock

2016年の最重要キーワード「アテンション(人々の注目)」。「注目」は、偉大な製品や発想を「世界を変える」ものに変えるが、そう簡単には得られない。しかしながら、「注目」を獲得することは可能である。

テックメディア「Mashable」(ツイッター上の影響力世界第1位メディア)の共同編集者を経て、現在は投資家として活動するベン・パー氏は著書『アテンション――「注目」で人を動かす7つの新戦略』で「注目」のメカニズムと、注目されるための方法を明らかにした。

前回(「スーパーマリオに学ぶ『世界的ヒット』の条件~3つの『注目』が成功のカギだった」)につづき、具体的かつシンプルな事例をもとに、注目について考える。

ヒトもまた動物である

人間も含めてあらゆる動植物は、注目を集めたり、方向づけたり、逆にそらしたりするために感覚的な手がかりを用いる。

ホタルは生物発光で異性を引き寄せる。スズメバチのあざやかな黄色はわれわれに差し迫った危険を知らせ、すぐに遠ざかるよううながす。コノハムシはあえて注目されないように、単純な風景のなかにまぎれこむ。なかにはあたかも葉が少しかじられたように端が欠けた個体もいる。捕食者をだますうえでは、細部が生死の分かれ目になることもあるのだ。

われわれ人間は、デート相手を探すためにお尻を光らせたり、捕食者を脅すためにあざやかな色をまとったりはしないが、脳に組みこまれた感覚的な手がかりに大きく依存して注目の方向を決めている。

それはたいてい無意識のうちに、予想外の方法で起きる。男性は女性が赤い服を着ているだけで、近くに坐って親密な質問をしがちだし、人に飲み物の甘みをもっと感じさせたければ、緑の食品着色料を入れるだけでいい。

何が起きているのだろう。なぜ色や形といった単純なことが、注意を払う方法に影響を与えるのだろう。

フォン・レストルフ効果

もしあなたがライオンの写真とシマウマの写真を見せられたら、どちらに多くの注意を払うだろう。

デューク大学とカリフォルニア大学デイビス校の研究者たちがこれを調べた。被験者に写真の組み合わせを見せたときの目の動きを追う実験だった。