外食OK!数字目標もいらない!? 10ヵ月で35kgヤセた美容ライターの「ダイエット成功法」(3)
[Photo]iStock

「○ヵ月で○㎏」と目標を決めるべき? 具体的な数字は持たないほうが成功しやすい。

ダイエット中、もちろん外食はNGですよね? いいえ、外食は「ダイエットの美容液」です。

流行りの痩せそうな食べ物につい手が出てしまいます! それ、本当に一生続けられるならやってください。

10ヵ月で35kg減、しかも5年間リバウンドなし!ダイエットの常識を覆す、話題沸騰の「西園寺セオリー」とは?

美容ライターがたどり着いた最も確実な「ダイエット法」【第1回】こちらから。
お菓子も揚げ物もOK!運動も必要ナシ…ってホント!?【第2回】こちらから。

文/西園寺リリカ(美容ライター)

目指すゴールは決めないほうがいい?

Q.「○ヵ月で○㎏」と目標を決めるべき?

A.具体的な数字は持たないほうが成功しやすい。


ダイエットには、「3ヵ月で5㎏痩せる」みたいな具体的な目標がつきものですよね。目指す数字がはっきりするとやる気が湧いてくるし、達成感があればモチベーションが上がりそうだし……。

でも、あくまでそれは「成功すれば」というのが大前提の話。なので、私は目指すゴールをはっきり定めないことを最初に決めました。

理由は“ノルマ”はストレス以外の何ものでもないから。

特に私の場合は多くの体重を落とす必要があったため、年単位の長い道のりになるかも、と覚悟していましたし、もし、ノルマを達成できなかった場合、がっかりしたり、あきらめの気持ちからリバウンドする可能性が高い、と思ったからです。

だから、目標を持ったとしても「こういうワンピースが着られるくらいほっそりしたい」とか「1年くらいで痩せられればいいや」くらいにざっくり思う程度で、期限や体重の具体的な数字は決めないほうがいいのです。

といってもあくまでこれはダイエットをストレスにしないための“意識”の話で、実際には私も短期間で体重を落とすことができたので、ゴールを決めないほうが結果としてダイエットの近道になる、というお話。

ダイエットにおいては、こういう自分との“心理戦”がボディブローのようにじわじわ効いてくるんです。