賢者の知恵
2016年02月16日(火) 西園寺リリカ

お菓子も揚げ物もOK!運動も必要ナシ…ってホント!? 10ヵ月で35kgヤセた私の「ダイエット成功法」(2)

upperline
[Photo] iStock

ダイエットは一に努力二に努力ですよね!? 必要なのは、努力じゃなくて「慣れ」です!

一番やめるべきなのは、やっぱり甘いもの? お菓子もジャンクフードもやめる必要はまったくありません!

痩せるためには、運動って必要ですよね? 太っている人は運動しないほうがむしろ痩せられます!

10ヵ月で35kg減、しかも5年間リバウンドなし!美容ライターがたどり着いた最も確実な「ダイエット法」とは?

【第1回】「西園寺式セオリー」の基本はこちらから。

文/西園寺リリカ(美容ライター)

ダイエットに必要なのは「努力」ではなく「慣れ」

Q.ダイエットは一に努力二に努力ですよね!?

A.必要なのは、努力じゃなくて「慣れ」です

「さあ、ダイエットしよう!」とスイッチが入ったのはいいけれど、急に運動を始めてみたり、グッズを買い込んだりと慣れないことをスタートするのは禁物。

そうやってやる気満々で意気込めば意気込むほど、成功する確率はかなり低くなります。

なぜなら「努力」や「意志」は長続きしないから。

というより、大人のダイエットは根性や気合でするものじゃなく、“体を慣らしていく”作業の繰り返しだと思うのです。適切な食事量で満足できるように体を慣らす。お菓子や甘いものをたくさん食べなくてすむように体を慣らす――。

それには普段はダイエットしていることを「意識しすぎない」ことが大事なんです。

ダイエット宣言然り、自分やまわりがダイエットしていることを意識しすぎてしまうと、逆にそれがプレッシャーになって、焦りから暴飲暴食に走ってしまったり、何も食べなかったりするような極端なことをしてしまいがち。

だから、「ダイエットをしている」じゃなくて、「体をベストな状態に調整しているの」くらいに思うのがちょうどいい。

食べすぎた日があっても笑ってごまかす、くらいの余裕があるほうが冷静に自分の体を観察できるようになるものですよ。

次ページ 甘いものをがまんしない
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事