賢者の知恵
2016年02月14日(日) 週刊現代

堺雅人とディーン・フジオカを大抜擢
〜NHK敏腕プロデューサー「目利き力」の真髄

週刊現代
upperline

名作に、名キャストあり。今最も熱い俳優二人は、いかにして自身のハマリ役に出会ったのか。ブレイクの火付け役となったプロデューサーが、ロングインタビューで彼らの魅力を語り尽くす。

殺人者を演じたディーン

五代友厚の死でファンは「五代ロス」に〔PHOTO〕NHKホームページより

ひげ面にぼさぼさの長髪。深くかぶったフードの隙間から、淀んだ目でじろりと相手を睨み付ける。

2013年に公開された映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』のワンシーンである。'07年に千葉県で英会話学校の女性講師が殺害された。その事件を題材に、被告の逃亡劇を描いた問題作だ。

この作品の監督・主演を務めたのが、日本では無名の男—ディーン・フジオカだった。

「目に光がなく、瞳は空洞のよう。こんな演技をする役者がいるんだと驚きました。ディーンさんが演じたのは、2年7ヵ月に及ぶ逃亡生活を送った殺人犯・市橋達也。決して後味の良い柔らかな映画ではなく、彼の鬱屈した演技は深く心に残ったんです」

そう語るのは、高視聴率を続けている連続テレビ小説『あさが来た』の制作統括を担う佐野元彦エグゼクティブプロデューサーだ。『あさが来た』でディーンを「近代大阪経済の父」五代友厚役に抜擢。実業家の道を志すヒロイン・白岡あさの師ともいうべき存在で五代は人気キャラクターとなる。ディーン自身も、甘いマスクと英語混じりの力強い台詞回しで大ブレイクした。

今やファンから「五代さま」と親しまれているが、それ以前のディーン・フジオカという俳優は冒頭のように現在と全く違うイメージだった。『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』は、世間的に「名作」と呼ばれるものではない。公開当初から、犯人をヒーローにするのか、と批判する声もあった。イメージダウンに繋がりかねない役柄だが、ディーンは望んで監督まで買って出ている。

ディーンの経歴は異色だ。'80年に福島県に生まれ、アメリカの大学に留学。卒業後はアジア各国を旅して回っていた。香港のクラブでラップを披露していたところ、スカウトの目に留まり、俳優としての活動を開始した「逆輸入俳優」だ。全米デビューも果たしているが、日本でのドラマ出演はたった一本に過ぎなかった。なぜ佐野氏は、彼を五代役に抜擢したのか。

次ページ ディーンと五代がシンクロした時…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事