NBAの歴史は変わるのか
~ウォリアーズ、シーズン最多勝記録更新の可能性を探る

(“史上最高のシューター”と呼ばれるようになったカリーと、その仲間たちはどこまで勝ち続けるのか Photo By Gemini Keez)

NBAの2015-16シーズンの話題は、昨季王者ゴールデンステイト・ウォリアーズが、ここまでほとんど独占してきたと言ってよい。

エースのステフィン・カリーを軸に、周囲をクレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンといったスターたちが取り囲むパワーハウス。NBA記録の開幕24連勝というスタートを切り、その後も勢いは衰えていない。2月5日時点で45勝4敗と、このままいけばシーズン75勝前後を挙げるペースである。

“現代のグレートチーム”と呼ばれるようになったウォリアーズは、1995-96シーズンにマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズが達成したシーズン72勝(10敗)というNBA記録を塗り替えるのか。絶対に破られないと呼ばれてきた金字塔は崩れ、リーグの歴史は変わるのか。今回は4人の著名な現地メディア人に意見を求め、その可能性を探ってみた。

(ドレイモンド・グリーンはオールスターに初選出を果たした Photo By Gemini Keez)

ハワード・ベック(ブリーチャー・レポート)

「11、12月に記録更新が話題になったときには私は懐疑的だった。それだけの実力がないからではなく、長いシーズンの中では必ずケガ人も出るだけに、同じレベルを1年保つことは不可能だと考えたからだ。

しかし、もうシーズン半分が過ぎてもペースは変わらず、クリーブランド・キャバリアーズ(1月18日に132‐98)、サンアントニオ・スパーズ(1月25日に120‐90)といった強豪チームにも大勝してしまった。ここまで来たら、70勝前後はするだろうなと感じ始めている。

73勝を挙げてブルズの記録を破るか? それはまだ分からない。繰り返すが、能力の問題ではなく、疲労は溜まるし、故障は必ず起こる。スパーズと3戦、オクラホマシティ・サンダーと3戦を残すなど、今後は日程も厳しくなる。歴史上最高級のチームも1年に1度は必ず厳しい時期を経験してきたことが示す通り、82試合に渡って集中力、健康、リズムを保ち続けるのは簡単じゃない。

ウォリアーズには間違いなく72勝以上するだけのチーム力はあるが、やり遂げると確信はできない。彼らにとっての最大の敵は、スパーズ、キャブズ、サンダーでもなく、82試合の重荷だ」