ドイツ
日本人がついやってしまう奇妙なクセ「両手で握手」「へりくだり表現」
※写真はイメージです〔PHOTO〕gettyimages

両手握手は大げさすぎる

『Voice』誌の2月号に、勢古浩爾氏の「両手握手はみっともない」というエッセイが載っていた。リードには「両手で相手を包み込む両手握手は、宗主国の人間に植民地の人間が謁見するようで、見ていてはずかしい」とある。

常日頃から私も同じように感じていた。とくに、仕事でドイツを訪れた若い日本人女性が、取引先のドイツ人男性にそれをするのを見たりすると、「ああ! 先に注意してあげるべきだった」と後悔もした。

ただ、こういうちょっとした習慣のようなことについてアドバイスするのは、実は結構難しい。書くとなると、さらに難しい。

日本人によくある行動で、ヨーロッパでタブーと言えることの一つに、「鼻をすする」というのがあるが、以前、他のWEBのコラムでちょっとそれに触れたら、書き込み欄で反発があったので、正直言って驚いた。

こういうことを書くと、「川口マーン惠美は自分がヨーロッパにいることを鼻にかけて、つまらぬことをほざく鼻持ちならぬやつ」というふうに受け取る人がいるらしい。

確かに、つまらないといえばつまらないことだが、郷に入っては郷に従え。ヨーロッパ人も、日本のお寺を見学しようと思えば、靴を脱がなければならない。それと同じで、日本ではしょっちゅう遭遇する何ということない行為が、他国では人をびっくりさせたり、大変不快な気分にさせたりということはありうるのである。

それらすべてを日本にいる日本人が知る必要はないが、他国に行って人と接するとき、知っておいて損はないことも確かにある。

両手握手については、私は、例えば、誘拐された我が子が誰かの尽力で無事に戻ってきたときとか、取引先の御加護で会社が倒産を免れたようなときだけでいいと常々言ってきた。つまり、「本当に、本当に、ありがとう!」と涙が出そうなほど感謝をしているときに限る。

そんな時は相手も、励ましたり、労ったりする意味で、両手で包むように握手を返す。「ご苦労だったね」とか、「よかったですね」という感じだ。

しかし、それ以外の普通の挨拶としての握手は、少しぐらい「お世話になりました」の気持ちが含まれていたとしても、両手でするのは大げさすぎる。女が男に対してするのはとくにおかしい。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら