金融・投資・マーケット メディア・マスコミ
バカげた妄想で金融政策を批判する左傾メディアの「本性」
〔PHOTO〕gettyimages

ポチの遠吠えが聞こえる

日銀が1月29日、民間銀行から受け入れている当座預金の一部にマイナス金利を導入した。この日は私のコラムが掲載される金曜日だったので、残念ながら、前回コラムでは触れられなかった。1週遅れだが、大事な話なのでコメントしておこう。

まず確認しておきたいのは、実際にマイナス金利が適用されるのは当座預金の全部ではないことだ。昨年12月時点で日銀には約250兆円の当座預金が積み上がっているが、この大部分には従来通り0.1%の金利が銀行に支払われる。マイナス金利が適用されるのは当初、わずか10兆円、その後も多くて30兆円にすぎない。

本来なら、そもそも日銀が当座預金に0.1%の金利を付けていること自体が、まったくおかしい。銀行は日銀に預金しているだけで、何もしなくても0.1%の金利収入を得られてしまうからだ。つまり、銀行に営業努力をしないように促している政策なのだ。

銀行は本来、企業に資金を貸し出して成長を支援するのが役割である。ところが、銀行は日銀に資金を預けているだけで金利収入を得られるのだから、汗水流して貸出先を見つけようと努力するわけがない。

いま普通の家計が大手銀行に定期預金を預けて得られる金利は1年もので、せいぜい0.025%程度である。それに比べて、銀行はなんと優遇されていることか。

金融業界とその社員やポチのエコノミストからは、マイナス金利導入について「金融機関の収益悪化につながり、経済全体にリスクがある」などと批判めいた声も聞こえてくる。だが、それは自分たちに「濡れ手に粟」の儲け口がなくなってしまったから文句を言っているにすぎない。