不正・事件・犯罪 裏社会
清原逮捕!やっぱり芸能界は闇社会との接点を断ち切れない
【PHOTO】gettyimages

いつでも逮捕できたが…

警視庁で薬物を担当する組織犯罪対策5課にとって、元プロ野球選手の清原和博容疑者は、いつでも逮捕できるが、失敗が許されないだけに、慎重に捜査しなければならない“標的”だった。

「薬物を持っていなくとも、売人などからの確実な証言と証拠によって、過去の所持や使用が確認できれば、麻薬特例法違反で逮捕できます。それなら清原も逮捕できるのですが、反響が大きい著名人だけに、現物所持での逮捕にこだわったので、時間がかかりました」(警視庁捜査関係者)

昨年7月、ダンス&ボーカルユニット「ZOO」のメンバーを逮捕したのが麻薬特例法違反。「覚せい剤を譲り受けた」という罪だったが、組対5課は清原容疑者の「所持逮捕」にこだわり、粘り強く行動確認を続けた。その結果、2月2日、自宅マンションに覚せい剤0.1グラムを隠し持っていたとして現行犯逮捕した。

組対5課が捜査を本格化させたのは、『週刊文春』が、2014年3月13日号で「清原和博緊急入院 薬物でボロボロ」と報じて以降のことである。

それまでにも清原容疑者の薬物疑惑は、何度か指摘されてきた。

「清原のタニマチ」と言われたマンション販売会社代表が、05年6月、覚せい剤逮捕され、その直後、清原容疑者が丸坊主になると、「尿検査は数日でクリアできるが、毛髪には覚せい剤使用の痕跡が残る。だから頭を丸めたのではないか」と、指摘された。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら