「満塁男」駒田徳広が高知FDでめざす新しい指導のカタチ

なぜ高知FDの監督を引き受けたか

今季から高知で指揮を執ることになりました。

「監督をやってみないか」

江本孟紀総監督から打診をいただいたのは、昨年の日本シリーズ第5戦の試合前でした。江本さんはニッポン放送、僕は文化放送で解説をするため、偶然、神宮球場で隣のブースになったのです。

「高知には縁もゆかりもないし、アイランドリーグのことも全然知らない。生活もどうなるかわからない」

率直に最初は「引き受けるのは無理かな」と感じました。でも、僕は人から頼まれたことを断れない性格。何とかできないものかと考えていると、女房から「やってみたら」と後押しを受けました。

もうひとつの就任を決断した理由は、指導者として不完全燃焼の思いがあったからです。これまでコーチとしてNPBや大学で教えてくる中で、細かいことをあれこれ選手に押しつけるやり方に疑問を抱いてきました。

僕は現役時代から常識にとらわれないタイプ。「なぜ、こんな練習をしなくてはいけないだろう」と納得がいかないことを選手にやらせるのは、どこか複雑な心境でした。

「オレの野球観は間違っているのか」

これを試す場として高知で監督をするのは、ちょうどいいんじゃないか。そう思い、要請を受けることにしました。

実際、2月1日からキャンプが始まりましたが、選手は一生懸命、トレーニングに取り組み、いいスタートを切れたと言えるでしょう。ただ、野手のバッティングを観ていると、「うまく打とう」という気持ちが強く、思いきってバットを振れていない傾向があります。

昨季のチーム打率は.223でリーグ最下位だったと聞きました。チームを率いていた弘田澄男前監督は、横浜時代にコーチと選手の関係でしたから、その考えは理解しているつもりです。目指していた方向が間違っていたわけではないでしょう。

しかし、選手たちは弘田さんの求めることをプレーで表現できなかった。そう僕はとらえています。弘田さんに2年間、基礎固めをしていただいたおかげで、むしろ僕は選手に伸び伸びと野球を楽しんでもらうことを伝えられると感じています。