雑誌
切るべき者は容赦なく切る!菅官房長官「脅威の仕切り力」その秘密を探る

「安倍総理とぶつかることは、不思議とない」と菅は言う〔PHOTO〕gettyimages

ジャーナリスト 松田賢弥

こんなに早く辞めるとは—誰もがそう思った甘利の辞任。この「早期解決」のウラでうごめくのが官房長官・菅義偉である。官邸を意のままに操る「影の総理」の正体に、松田賢弥氏が迫る。

徹底した危機管理

「恥ずかしい事態を招いたことについて、閣僚としての責務、政治家としての矜持に鑑み、閣僚の職責を辞することにしました」

甘利明・経済再生担当大臣は1月28日、千葉県の建設会社からの不正献金疑惑を巡り、閣僚を辞任した。

その瞬間、言葉を詰まらせ、目に涙を浮かべた甘利の顔からは、閣僚を退くことへの悔しさが滲んでいたように映った。

旧態依然とした自民党のやり方であれば、重要閣僚がスキャンダルを犯した場合、秘書に責任を押しつけて、本人は大臣の座に居座るというケースが多かったように思う。

しかし、今回は違った。

徹底した危機管理、トラブルの芽を執念深く潰すという姿勢。こんな采配を振るえる存在は、一人の男のほかには思い浮かばない。官房長官の菅義偉である。

「2世議員で苦労知らずの甘利さんと叩き上げの菅さん、2人の来歴は正反対です。お互い考えが合わなくても仕方がない。菅さんが甘利さんに進退を迫ったのではないか」

すでに永田町界隈では、こんな揣摩臆測が流れている。表面上では淡々と振る舞い、その下で、夏の参院選を制すことなど実利を優先する菅が、甘利を見放す可能性は十分にあると考えられていたのだ。