芥川賞作家・本谷有希子が描き出す「人でなし」の魅惑と恐怖
受賞作『異類婚姻譚』の楽しみ方

評者/中条省平

本谷有希子の新作小説集です。表題作の中編「異類婚姻譚」は、2015年下半期の芥川賞を受賞しました。この作品を中心に、4編の小説からなっています。

本谷有希子の小説には、人間という概念をめぐって強烈なアンビヴァレンスが働いています。

一方では、人間を極端な自意識に苛まれる存在と見て、その混迷や受難、右往左往のありさまを、細やかで執拗なモノローグ的文体で追いつめていきます。比較的初期の『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』や『ぬるい毒』に、そうした本谷有希子の人間理解の好例を見ることができます。そのハードドライヴィングな筆力こそ、彼女の本領ということができるかもしれません。

しかし他方で、彼女は、人間の心の奥を掘りすすむ求心的な資質とはまったく対照的に、人間の内面への関心を放擲し、人間をモノのように無責任に突きはなして対象化する、遠心的ともいうべき指向を備えています。

そのとき、彼女の文体もみごとに変化し、どこか投げやりで、ニヒルで、不敵なユーモアをたたえつつ、自由に世界を滑空する趣きを身にまとうのです。

作家・本谷有希子さん〔撮影〕嶋田礼奈

本谷文体のスリル

掌編集と呼べる『嵐のピクニック』において、本谷有希子の、人間の外へ向かう遠心的アイディアと文体のスリルをたっぷり味わうことができます。

その名も「人間袋とじ」は、人間が足の先からぺろりと二つにはがせるモノになるというお話で、島尾敏雄かつげ義春のような世界が描かれています。「亡霊病」では、この病にかかった人間は口から外へエクトプラズムを吐きだしながら消えてしまいますし、「マゴッチギャオの夜、いつも通り」の主人公はもはや人間ではなく、猿なのです。そこでは、じたばたする人間とは違って、淡々と世界の不条理を受けいれる猿の潔さが留保なく肯定されています。

本作『異類婚姻譚』は、『嵐のピクニック』でのいくつかの試みを一種の助走として、本谷有希子の遠心的資質が十全に開花した傑作です。

表題作「異類婚姻譚」は、「ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた」という主人公・サンちゃんの言葉で始まります。

夫婦が長く一緒に暮らしていると顔つきが似てくる、というような微笑ましい話ではなく、人間の個性の発現であるはずの顔が、ほかの人間、いや、ほかのモノとの区別さえどうでもいいような、いい加減なものに変化していくという恐ろしい物語なのです。