週刊現代
森鴎外はスパイだった?モラルに欠けた軍医が権力の頂点に立てた理由

鴎外の意外な素直

森鴎外[photo:wikipediaより]

森鴎外=山県有朋の“スパイ”説の真相を追っている。

二人の交流が文献で確認できるのは、日露戦争後の明治39(1906)年6月、歌人としても知られた山県の肝いりで和歌研究会「常磐会」が結成されてからだ。

歌壇の重鎮4人が選者として招かれ、鴎外と、彼の盟友・賀古鶴所が幹事になった。それから鴎外は山県と親しくなり、山県のブレーンにるのだが、その経緯を述べる前に『軍醫森鴎外』(日本図書センター刊)という本にふれておきたい。

これは、鴎外直属の部下だった山田弘倫が、自らの見聞や先輩・同僚らの証言をもとに、軍医としての鴎外の足跡をたどった、貴重な記録である。そのなかに第二軍軍医部長として日露戦争に出征した鴎外の意外な素顔が描かれている。

第二軍は明治37年5月、中国の遼東半島に上陸。1日で4300人の死傷者をだす激戦のすえにロシア軍を撃退した。直後に問題となったのが、前線各地の野戦病院に収容された負傷兵の処置だった。

敵が反撃してくる前に、彼らを後方に運ぶ必要があった。だが、第二軍ではその後送体制が整備されておらず、担架や車両もわずかしかなかった。患者の後送をどうするかは、野戦病院ごとの判断に委ねられた。

そこで一計を案じたのが、七里庄の野戦病院を任されていた軍医・飯島茂である。彼は、軍の輸送船から陸揚げされた食糧を前線まで運んでくる中国人たちの荷馬車に目をつけた。

中国人は揚陸地から2日がかりで食糧を運んで9円の賃金を得るが、帰路は積み荷がないので一銭ももらえない。そのため途中で逃亡する車夫もいた。ならば、賃金を割り増しして帰路は患者を運ばせればいい。

飯島は食糧輸送の責任者に話をつけ、午前中に、中国人の馬車86台で患者300人を後送する準備万端を整えた。