雑誌
売れっ子芸人はなぜ「制服」を盗まずにいられなかったのか
”ただの変態”では済まされない「欲望の闇」

〔PHOTO〕gettyimages

誰にだって人に言えない「執着」がある。普段は理性で抑えていても、何かの拍子にそれが表に出てしまう。人気お笑い芸人が起こしたブルセラ窃盗事件を、ただの変態と笑って済ませていいのだろうか。

20年間盗み続けていた

18年来の付き合いがある友人も、彼の秘められた「性癖」に驚愕した。

かつて高橋健一容疑者(44歳・以下、呼称略)とコンビを組んだこともあり、ネット番組『ニコニコキングオブコメディ』のプロデューサーを務めた佐藤彰純氏が言う。

「初めて高橋と出会ったのは『スクールJCA』というお笑い芸人養成所でした。お笑いに対しては真面目でしたし、彼は同期の中では笑いのセンスが一番あると感じていました。

ただ、当時も今も、女子高生の制服に対する執着があるとは想像したこともなかった。執着心が強い性格というのは、番組でも話していたのでわかります。貝殻やどうでもいいビー玉、近くの工場で拾ったネジを集めてみたり。『モノを捨てられない』という収集癖を一つの芸風にしていた。それは問題ありません。芸人は人格や人生のすべてを笑いにつなげてなんぼですから。とはいえ、僕は彼のことを法律は守る人だと思っていたのですが……」

人気お笑いコンビ「キングオブコメディ」(事件発覚後、解散)の高橋が、世田谷区の高校に不法侵入し、女子高生の制服など24点を盗んだとして逮捕されたのは、昨年12月26日のこと。高橋は取り調べに対し、「約20年前から窃盗を繰り返していた」旨を供述しているという。

実は、警察は1年前から高橋を制服泥棒としてマークしていた。捜査関係者が明かす。

「'14年12月に江東区の城東警察署管内で学校荒らしの被害が起きました。所轄の捜査員が防犯カメラを調べたところ、高橋の乗った車が浮上しました。その時は証拠不十分で逮捕状を請求するには至らなかったのですが、テレビにもよく顔を出す有名人ですからね。本件を本部の捜査3課に報告したところ、継続捜査となったんです」