スポーツ

今年の注目ルーキー、ロッテ・平沢大河は立浪級の逸材!

2016年01月27日(水) スポーツコミュニケーションズ,佐野慈紀
WBSC U-18 ワールドカップでの平沢選手 〔PHOTO〕gettyimages

春季キャンプまで残り一週間を切りました。各球団の一、二軍の振り分けが発表され、今年のドラ1ルーキーからは平沢大河(千葉ロッテ)、オコエ瑠偉(東北楽天)、桜井俊貴(巨人)ら8人が一軍スタートに決まりました。

平沢は打撃練習に力を入れよ!

新人選手のなかで僕が最も期待している選手は、仙台育英高からドラフト1位でロッテに入団した平沢大河です。既に彼の打撃技術はかなり高いレベルにあります。昨年の甲子園を見ていて、中日にいた立浪和義のような選手になる可能性を感じました。

高卒の選手がプロの世界に入ると、まず打球の速さに驚きます。最初は守備力の差を痛感すると思いますが、守備は練習を重ねることで必ずうまくなります。彼は何よりも、自分の特徴であるバッティングを必死にやってほしいです。平沢に求めるのはこれだけです。

ロッテはサードの今江敏晃、セカンドのルイス・クルーズとレギュラークラスが移籍したので内野のポジションが空いています。チーム事情からすると、内野手の平沢がスタメンを掴むことは充分に考えられるでしょう。

1988年に立浪は高卒新人で「2番・遊撃手」での開幕スタメンを勝ち取りました。平沢が、この時以来となる28年ぶりの高卒新人開幕スタメンを掴めるか。18歳の若武者に注目です。

1
nextpage


Special Feature