犬の飛び出しで駅伝選手が転倒
~スポーツ観戦マナーを考える~

沿道から犬が!(TBS中継より)

いつのまにか、年末年始は駅伝続きのTV中継。京都の全国高校駅伝から始まり、全日本大学女子選抜駅伝、正月のニューイヤー駅伝、そして箱根駅伝を連日見ていたような気がする。

仕事としても、個人的な興味としても、ついつい見てしまうので、この季節は珍しくTVの前で過ごす時間が長くなってしまう。一人で走るマラソンとは違い、選手にかかるプレッシャーが予想以上の力が生み出したり、トラブルが起きたり、様々なドラマが生まれるのが魅力なのだろう。
 
そんな中で、珍しいトラブルがニューイヤー駅伝で起きた。いや、「起きてしまった」というほうが正確か。先頭グループを走るコニカミノルタの2区ポール・クイラ選手が沿道から飛び出してきた犬に足をとられ、転んでしまったのである。

マラソンなどで、他選手と接触して転んだりする例はあるが、観客など外部のものに絡むトラブルは珍しい。おそらく彼も、TVを見ている視聴者も一瞬、なにが起きたのか分からなかっただろう。

クイラ選手は転倒後、すぐに立ち上がったが、最終的にはコニカミノルタは優勝したトヨタ自動車に20秒差で敗れた。「あの転倒がなければ~」という声が上がったのも不思議ではない。
 
このような場合、ルール的にはどうなるのか?

日本陸上競技連盟の規則ブックを見る限り、特に記載はないが、基本的には路上競技において外的な阻害要因は、路上の石ころと同じで特に救済措置がない場合が多い。ヨーロッパで盛んなサイクルロードレースは、街中など人が普段住んでいる生活の中にコースが入っていくものである。それが魅力の一つでもあるのだが、それだけにこの種のトラブルが時折起こる。観客や駐車車両、あげくに牛にぶつかる、道をさえぎられるなども。
 
世界でもっとも有名な「ツール・ド・フランス」でさえ、優勝争いをしていた選手が観客のカバンに引っかかって転んだり、飛び出してきた犬にぶつかり落車したりしたこともあった。

それでも選手やチームは、それに対して抗議は行わないし、大会側もそれほど規制しないのがヨーロッパ流。今でも山岳ステージなどでは選手のすぐ近くで応援する人の姿が見られる。さすがに近年の熱狂ぶりに警備強化をする流れもあるが、基本は観客の常識とマナー、言い換えれば性善説よって支えられている。